新クラス:Kira-Kira

先月からCynthia Kadohata のKira-Kira という小説を読むクラスを始めました。
このクラスの一人目は、英語を学ぶことがお好きなY さん。私がうきはに住んでいる時からお世話になっている整体師さんです。産後、子育てに目を回していた頃、自分自身の体の調子がとても悪く友人に勧められて以来ずっと体の歪みを整えてもらっています。昨年の引っ越しの前後はしばらくお休みしましたが、久しぶりに神埼で整体を施してもらった後の体の爽快感がたまらなく心地よく、トランポリンで空中高く飛んでいるような気持ちになりました。あの時の感動がずっと残っていて今でもお願いしています。そのY さんは、どちらかというと寡黙な方ですが、読書や音楽・美術鑑賞などはとてもお好きなようでそんな話をされる時目が輝き始めるのです。まさにY さんの顔が小説のタイトルと同じようにきらきらと輝く瞬間です。

さて、そんなY さんと1レッスンで1章ずつ原文を読み進むクラスが楽しくなってきたところ。今日がその3回目のレッスンの日でした。3章は長くて全部の解説が終わらず、、、全部の章をしっかりと読んでこられたY さんは「もやもやが残ります。」と言われながら、今日は帰って行かれました。ご自分で読まれた時の解釈と実際の話が微妙に違っていたり、読み進めている途中で話の流れが分からなくなったりされるそうで一緒に物語を解読していくことが楽しいとおっしゃっていました。私も今日は時計を見て2時間も経っていたことに驚きました。どっぷりと物語の世界に浸っていたら時間を忘れてしまったのです。次回まで2週間ほど開きますが、3章の残りは次回のレッスンに回します。

では、この話がどんな内容なのか。
これまでのあらすじを簡単に書いてみました。
アメリカの中西部アイオワ州にある日本人のコミュニティに住んでいたTakeshima Family。物静かで忍耐強いお父さんと小柄で繊細なお母さん、そしてその二人の子どもたち、Lynn とKatie姉妹。時代は1950年代。両親が営んでいた小さな日本食材を売る商店がうまくいかなくなり、Takeshima Family は南部ジョージア州に引っ越すことになりました。Takeshima の両親がジョージア州に住んでいるKatsuhisa 伯父さんが経営している養鶏場で仕事を世話してもらうことになったからです。見渡す限りトウモロコシ畑が広がっているアイオワでの暮らしを諦めて生活のためにTakeshima Family はジョージアへと向かいます。両親の運転する車と伯父さんのトラック2台で彼らの大移動が始まります。
利発で勇敢、そしてチェスが強い姉のLynn。彼女は妹のKatie に人生で大切なことを色々と教えてくれます。タイトルにもなっているKira Kira という日本語。これを教えてくれたのもLynn です。Katie が小さい頃、きらきらと輝く星空を指して何度も「あれがきらきらだよ。きらきらと言ってごらん。」とLynn は教えてくれました。姉のおかげでKatie はKira-Kiraという言葉が大好きになります。
光り輝くもののもつイメージやその具体的なものは人によって違いますが、読みながら自分にとってのKira-Kira とは何だろうと考えてみたり、この物語を通してKira-Kiraと前向きに生きていくためのものの観方をこの物語は教えてくれる予感がします。(私もまだ4章の途中までしか読んでいません。)

このクラスの第一の目的は、英文を読むこととその物語の世界観を味わってもらうということです。
一人だと途中で挫けてしまうかもしれない英文の読書。これを読破した時の達成感は何にも代えがたいものがあるはずです。
共に頑張っていきましょう。

*このクラスに興味をお持ちの方は、ご連絡ください。1回3,000円で行っています。こちらは、グループレッスンでも対応可能です。(本代が別にかかります。)どうぞよろしくお願いします。

雪の絵本

先月風邪をひきました。

娘に読んであげようと図書館から借りていた絵本。
『ゆき』ユリ・シュルヴィッツ作、さくまゆみこ訳(あすなろ書房)、1998年
これを布団の中で自分で読んでみたところ気に入って何度も読み返しました。雪を愛でるやさしい少年の気持ちが身体の中にしみわたっていくようで元気になりました。
厳しい気候のなかでも楽しい気持ちを大切に生きていきたいと思えるようになった絵本です。おすすめです。

同じ作者に『よあけ』(こちらの訳者は瀬田貞二さんです。)(福音館書店)という作品もあるようです。こちらも読んでみようと思います。

お茶会のご案内

こんにちは。

厳しい寒さが続いていますが、みなさんお変わりないですか。
最近はお日様が出ている時間が少しずつ長くなってきていて気持ちは春へと向かっているのを感じます。黄色い菜の花が春を予感させてくれますね。

さて、今日はちょっとした楽しい時間のお知らせです。
今月から月に1回、FINDER さんでお茶会をさせていただくことになりました。
記念すべき第1回目を下記の日程で行います。

Autumn’s Tea Time at FINDER
2月23日(金) 12時半~15時
上記の時間にFINDER さんの店内に座っておりますのでご都合のよろしい時間帯においでください。
FINDER
佐賀市唐人1-5-40-1F
tel. 0952-22-6911
URL: http://find-earth.petit.cc/
当日は、Autumn の焼き菓子を準備してお待ちしております。1ドリンク制とさせてください。
英語は習うことはないだろうが、お茶を飲みにだけという方も歓迎です。お気軽にどうぞ。
今月から月に1回位このお茶会を開いていく予定です。
みなさんのお越しをお待ちしております。

→ここからは、興味のある方に読んでいただければと思います。
お茶会を始めることにした経緯です。
年末からFINDERさんでの佐賀教室の生徒さんを募集しておりますが、私の努力が足りておらずまだ生徒さんを集められていない状況です。
そこで、未開の地である佐賀でAutumn の存在を知ってもらうための自分らしい広め方を考えてみました。

佐賀市内(またはその近辺)の方たちで英語を学んでみたいと思われている方と直接お話ができる機会を作る!
ある一定の期間(半年から一年を目安と考えています。)継続して学んでもらうためにはみなさんと直接お話するのが良いと考えました。そしてせっかくFINDER さんという喫茶店の空間を生かせたらと思いお茶会の話をオーナーさんにしたところ快諾くださったのです。

FINDER さんの空間にはいつも変わらない時間が流れています。きっとそれはオーナーである平片さんのこれまで丁寧に時を紡いでこられた在り方そのものなのだと思います。今月で8周年を迎えられるそうです。
当日は、お茶を飲みながらAutumn の考える学びのあり方やみなさんの学びたいことなどについておしゃべりできたらと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

レッスンお休みのお知らせ

大雪のため、本日1月11日(木)と明日12日(金)のレッスンはお休みとさせていただきます。

どうぞよろしくお願いします。みなさん、雪道の移動等お気をつけくださいね。

年始のレッスン日等について

今年のレッスンは1月5日(金)から開始いたします。
鳥栖教室以外での出張レッスンご希望の方と新規のお問い合わせの方は直接空き状況をご確認ください。
電話:090-4756-9820 手島やすえ

レッスン日:火曜日~土曜日(日・祝日と月曜日は休み)
時間:10時~16時(火曜日と金曜日のみ20時まで)

*現在、新規学生さんの募集は行っておりません。

どうぞよろしくお願いします。

佐賀教室開講のお知らせ

ようやくみなさんにこのお知らができることがとてもうれしいです。

数ヶ月前から温めてきました佐賀市内でのレッスンを来月2018年1月より行います。

Autumn の英語教室 in FINDER

こんな方におすすめです。

日常のちょっとしたことや自分の気持ちなど、英語で表現できるようになりたい方、

英会話を2往復以上できるようになりたい方、

一人ではなかなか続かないけれど、相手がいると頑張ってみようと思える方、

そして、なによりも楽しみながら続けてみたい方にね!

会話の中に効果的に取り入れられる文法を軸に表現の幅を広げていきましょう。

レッスン日:毎週金曜日
①11:00~12:00
②13:00~14:00
上記どちらかの時間帯をご予約ください。
*1月のレッスンは、1月12日(金)からです。
ひとコマ1人~3人で行います。
テキストは使用しますが、いつ始めても楽しめるようなレッスンにしたいと思います。
生徒さんが好きな時に復習できるようにテキストを使用します。

料金:チケット制
3枚つづり→12,000円、5枚つづり→17,500円
*教科書代が別にかかります。(5,000円位)
*ワンドリンク制です。(FINDERさんのハンドドリップのコーヒーなどがあります。)

FINDER さんの場所:佐賀市唐人1-5-40-1階
tel. 0952-22-6911
URL. http://find-earth.petit.cc/
*駐車場は近隣のコインパーキングをご利用ください。
予約方法:Autumn のホームページの問い合わせフォームよりメールを送っていただくか、FINDERさんに直接ご連絡をお願いします。
たくさんのみなさんとお会いできますように。
ご質問などお気軽にどうぞ。よろしくお願いします。

これより下はご興味のある方、読んでみてください。

[英語とAutumn、そして今]

私自身、小学2年生の頃から英語が好きになり、気付けばいつも日常の中に英語の文字、音、テンポ、そしてその文化を意識しながら暮らしてきました。最初にアルファベットを習ったのは30年程前でしょうか。その頃住んでいた町の公民館で習ったと記憶しています。
大学は英文科に行きましたが、長らく海外に暮らしていた経験はありません。アカデミックな場で使われる英語とは違う日常会話を学びたくて在学中と卒業後にひと月から3カ月程の滞在期間で4度カナダのバンクーバーに行きました。そのうちの3回はイギリス出身のGillian というカナダ人女性のもとで共同生活を送りながら英語を学びました。朝目覚めてから寝るまでほとんど彼女と一緒に過ごしました。一対一で二人の日常の文脈の中で使われる英語。彼女から学んだ英単語やイディオム、それから発音は今でも記憶の中にしっかりと刻まれています。
個別指導で始めたAutumn の原点は彼女との暮らしからヒントを得ているところがとても大きいように思います。

日本に居ながら外国語を学ぶことは難しいことだ。そう言い切るのは簡単です。
英語を教えていながら私もそのように感じることは少なくありません。
けれども、英語が好きだという気持ちがずっと消えずに存在しているおかげで新しい単語や表現に出くわしたり、英文の記事等を読んだり、観光で日本に来ている外国人と話したりすると純粋に楽しいなと感じるのです。(私の場合ですが、何よりも英語のリズミカルなテンポに魅かれています。)そうしたらもっと英語の知識を増やしたいと自然に思えてきます。インターネットやラジオ、それからテレビや映画など英語を学べる素材はたくさんあります。
Autumn での英語レッスンの時間を実践の一場面と考えてもらい積極的にみなさんとことばを吸収していかれたらと思っています。どんなレッスンになるのか楽しみですね。

 

1 / 612345...最後 »
Top