赤い実を確実に!

みなさん、こんにちは。

ここ数日は再び寒さの小休止が続いていますね。とりわけ今日は朝から静かにやさしい雨が降っています。

こんな日はお家の手仕事に集中したくなります。

鳥栖に引っ越す前に作った英語塾 Autumn のリーフレット。今朝はそれに色付けして加筆修正しました。鳥栖での暮らしに少しずつ慣れていき、新しい知り合いも増えてきたのでリーフレットを手にしていただく方たちとの距離も少し近くなったように感じます。

実は、英語塾のこのリーフレット、ちょっとした失敗がきっかけで生まれた完成品なのです。三枚折で6面それぞれにデザインしたものなのですが、木々が並んでいる面に一番想いを込めています。その面には敢えてことばを何も書いていません。

何がちょっとした失敗だったかというと、木々の面の仕上がりの色です。原画の色は、仕上がったリーフレットの色よりもずっと明るいクリーム色と薄い緑色なのですが、印刷の関係で実際は茶系の色で仕上がってきたのです。印刷機によって仕上がりが全く異なってくるという知識なしに印刷をお願いしていたので私の方もとても勉強になりました。全部印刷が終わってしまい、それらをうまく活用する方法はないものかと友人に相談したところ、とても前向きで無理のないアイディアをもらいました。それは、茶系の紅葉した木々に赤い実を自分でつけるというもの。印刷されたページのままではトーンが落ちて暗い印象になるかもしれないが、それらに赤い実を書き加えたら木々が生きてくるはずだよと。

「それは、いいね!そうするよ。ありがとう。」

彼女の助言のおかげで木々にひとつずつ赤い実を付け加える楽しみが増えました。木々は Autumn に来られている生徒さんひとりひとりの象徴です。それらが実り多き木々となりますように!

昨日来られた生徒さんに Autumn のお楽しみカードを渡しました。1レッスン終えたら鳥のスタンプをひとつ差し上げます。カードが最後まで到達したらちょっとしたお楽しみを考えているところです☆

 

昨日のレッスンを終えて、さらに強く感じたことがあります。社会人の場合、ひととおり6年間学校で英語を学んでいます。けれども多くの人が普段英語を使うことがないのですっかり忘れているのです。これは当たり前のこと。

だから、Autumn の出番はここから!この忘れ去ってしまった事柄に命を吹き込むお手伝いをすることが私の役目だと信じてやみません。せっかく新たに英語を学びなおすのなら正しい発音で美しい英語をたくさん吸収しましょう。したがって、文法・構文学習は必須です。また単語力も合わせて増やしていきたいものです。これらの基礎力をつけた上で生徒さん自身の目標に向かって実践力を磨いていきましょう。あなたの暮らしの中でどのように英語を活用していきたいのか。学んでいく上でとても大切なことです。

新年から入塾をお考えの方、これらのことを踏まえ初回に目標をお聞かせいただけたらと思います。

Explore your possibilities !!!

英語に対して改めて思うこと

突貫忍冬

ツキヌキニンドウ

吸葛(スイカズラ)科

英語の名前を調べてみたら、

Trumpet Honeysuckle

とありました。(『Nature Anatomy』Julia Rothman, Storey 2015)

学名は、

Lonicera Sempervirens

というそうです。

数日前から、我が家の玄関のところに飾っている花です。英名のとおり確かに赤いトランペットのような形をしているお花なのです。つる性植物でくねくねとしており、花に一番近い部分の葉っぱだけが二枚一緒にくっついています。しかも、漢字で書くとおもしろいですね。冬を忍ぶっていう和名とトランペットのイメージにぴったりの英名とそれぞれに受ける印象が全く違いますね。どうしてこんな和名がついたのだろうかと不思議に思っているところです。

 

さて、本題にしようと思っていたことから逸れてしまいました。(咳払い)

昨日のレッスンの時からより強く感じたことがあります。

それは、私たち日本人は、英語においてインプットがたくさんあるはずなのにどうしてそれをアウトプットできないのか、ということです。つまり、学校で私たちはひととおり英語を勉強したはずなのにそれを実践の場において使うことができていないのです。大学受験レベルの問題が解けるのに話すことになると天気の会話すらもろくにできない。Autumn のレッスンは英会話メインではありませんが、ところどころに“話す”ことも取り入れています。なぜなら、話すことを避けてしまうと英語がコミュニケーションの手段からかけ離れた遠い“お勉強”の存在になってしまうからです。

昨日のレッスンで旅行について英語で話す時間を設けました。私が英語で質問した内容について生徒さんは理解していたのですが、それにどのように答えてよいのかわからず、身振り手振りの“パントマイム”状態になっていました。言いたいことが喉まで出てきているのに何も言えない。これは、私もたくさん経験がありますが、本当にもどかしいのです。全部完璧に話せるようになりましょうと言っているのではありませんが、自分の気持ちが伝えられたり、わからない単語について別の言葉で表現できたりしたらコミュニケーションの幅は広がります!

「最低限自分自身のことが表現できるようになる。
わからなかったら、相手に積極的に質問できるようになる。」

これらのことを英語で言えるようになることを目標にしてレッスンを進めていこうと思います。

今日のレッスンについて

我が家の縁側に、切干大根とヤーコンの葉を干しています。

ヤーコンの葉は、先日の畑クラブの時にもらって帰ってきたものです。干してお茶にするとよいと勧められ早速煎じて飲んでみました。葉っぱを入れすぎたのか苦かったです。何かと一緒に混ぜる方が飲みやすくなりそうかなと。美味しい飲み方を工夫してみようと思います。

今日は、英語教室の日でした。

内容が盛りだくさんでしたので時間を30分ほど延長して行いました。現在使っているリーディング用のテキスト2冊、それらの中に頻出する文法事項について小出しに確認していくことにしました。英語でとりわけ長い文章を読むときにはずせない分詞構文と関係代名詞について。今回と次回と二回にわたって練習していくつもりです。頑張りましょう!

また、英語の発音についても発声から意識して日本語を発音するときよりも口を大きく開けて少々大げさなくらい練習していくつもりです。自分で正しく発音できるようになるとリスニングの時にも効果的だからです。音を拾えるアンテナが増えていくイメージです。

ところどころに英会話を混ぜ込みながらの授業で、今日はこれまでの旅行の中で一番心に残っているものというテーマでおしゃべりをしました。今日の生徒さんは、フランスのパリに一人旅をした時のスケッチブックを持ってきてくれました。繊細なタッチで描かれた水彩画の数々。パリで食べたものや町の風景などどれも彼女の宝物なのだろうなと見入ってしまいました。パリの石畳の道がとても印象的だと話していた生徒さん。宿題でそのことについてより詳しく英文を考えてきてもらうことにしました。楽しみにしています。そして、貴重なスケッチブックを見せていただきありがとうございました。

昨日から教室にホワイトボードを置いたところです。看板ももうすぐ仕上がってくるようです。

このようなゆっくりとしたペースですが、少しずつ環境と内容についても整えていけたらと思っています。よろしくお願いします。

英語教室:生徒さん募集とキャンぺーンのお知らせ

今日は英語教室のことについて書きます。現在、下記の内容で生徒さんを募集中です

基本のかたち

まずは、基本のかたちについて。

開講日

時間

  • 1コマ目→10:00~11:30
  • 2コマ目→14:00~15:30
  • 1レッスン90分の個別指導です。

Autumn の教室にての授業を基本に考えております。

レッスン内容は、英語復習コースを基本にしています。中学英語まではひととおり勉強したがすっかり忘れてしまったという方で仕事・プライベートで英語を使う必要のある方はおすすめです。


英語復習コース

例)テキスト『Fabulous Japan』(CENGAGE Learning)を使用

日本文化を英語で学び発信できるようになることを目標に作成されたテキストです。リーディングとリスニングの力を伸ばしながら、同時に文法の復習を行います。テキストで不十分なところは補足をしながら生徒さんのペースに合わせて進めていきたいと思っています。


TOEIC対策コース

TOEIC対策コースもございます。テキストは、英語復習コースとは別のテキストを使用します。


出張レッスンについて

下記の地域にお住まいの方は出張も可能です。

  • 鳥栖市内
  • その近辺のまち
  • 基山町
  • 小郡市
  • 久留米市
  • 大刀洗町
  • みやき町

出張の場合は、別途交通費がかかります。予めご了承下さい。

料金

  • 一般・大学生 10,000円(月に4回のレッスン・月謝制)

土曜日

家庭教師の日。出張レッスンスタイルになります。

この日は、平日に受講が難しい中学生と高校生の学生さんをメインに考えています。日々の英語学習強化としてご利用下さい。学校でお使いのテキストや参考書を使ってのお勉強になりますので特にテキストは使用しない予定です。

英検対策(4級から2級)も行います。英検対策の生徒さんはテキストのご購入をお願いします。

料金

  • 中学生 9,000円
  • 高校生 10,000円

時間

  • 1コマ目→10:00~11:30
  • 2コマ目→14:00~15:30

キャンぺーン

☆ Autumn を知ってもらおう!キャンぺーンを始めました。(~12月20日まで)

多くの方に Autumn の授業を体験していただきたく、期間中はチケット制にしました。

3枚綴りで9,000円です。期間中にチケットを消化下さい。

例えば11月に1回だけ受けて12月20日までに残り2回のレッスンを受講いただくというようなスタイルです。

期間中も通常と同じテキストを使用します。

初回のレッスン時に併せてレベルチェックテスト・カウンセリングを行います。ですので、初回のレッスン時間は120分です。(レベルチェック・カウンセリングのみを別の日に設定することも可能です。ご相談下さい。)


ご不明な点などございましたらお気軽にご連絡下さい。

皆さんにとって実り多き時間となりますように!

どうぞ、よろしくお願いします。

英語教室初日のこと

先日、友人が英語教室に来てくれました。

英語塾 Autumn 一人めの記念すべき生徒さんです。彼女は博多から来てくれました。

最近始めたマラソンが楽しいそうで鳥栖駅から教室まで走って来たそうです。2キロ位あると思いますよ。彼女のひたむきな姿に拍手を贈ります。ありがとう。

さて、マラソンの疲れを癒す間もなく授業開始。汗を拭きながら、早速リスニング問題に取り組んでもらいました。15分位の問題で、そのあと文法問題も解いてもらいました。久しぶりの英語におっかなびっくりといった感じに見えました。だけど、大丈夫!始まりはここからなんですから。

テストの後、英語の文の仕組みや自動詞・他動詞について学校の文法の復習をしました。笑いながらの楽しい授業となりました。

彼女の目標は、何か1冊原書で英語の本を読めるようになること。そして、駅などで最近よく見かける外国人に道案内ができるようになることです。

次回からテキストを1冊決めてSpeaking、Listeningも取り入れた授業にしようと思います。メインのテキストは未定ですが、彼女のリクエストでメインテキストの他に『ベニシアの四季の詩』(世界文化社、ベニシア・スタンリー・スミス著)というエッセイ集も読んでいくことにします。NHKの番組でおなじみの京都・大原でガーデニングや手作りの暮らしを実践されているベニシアさんの文章は美しくてわかりやすいのです。

初日のながれは、このようにレベルチェックテストとカウンセリングがメインになります。


開校日

  • 月・火・木・金・土です。
  • 時間:10時~16時です。
  • リーフレットの曜日・時間とは異なります。ご了承ください。

料金

  • 高校生・一般 10,000円
  • 中学生 8,000円
  • 月謝制で月に4回です。

お気軽にお問い合わせください。

Top