Cheers!

乾杯!
S君と私はお互いのクリスマスの話をしながらアップルタイザーを一緒に飲みました。

昨日はささやかに生徒さんのS君と教室で合格祝いをしたのです。
S君は小学6年生。英検対策と中学英語の先取り学習のために半年前にAutumnに入会してくださいました。
彼の夢はお笑い芸人になること。とても明るく社交的な男の子でいつもリズミカルな笑いを運んできてくれます。
そんな彼のもとに先週うれしいニュースが届きました。クリスマスの少し前に私が家庭教師でS君のお宅にお邪魔していた時のことです。私が彼のお兄ちゃん、H君とお勉強していたらお母さまが速達で届いた合格通知を部屋まで持って来てくださいました。H君も弟のS君も同じ中高一貫の私立学校を受験されどちらも合格だったのです。本当に良かったです!おめでとうございます。
合格がわかった瞬間に居合わせることができて私の方も幸せな気持ちをおすそ分けしてもらえたようでした。ありがとうございました。

生徒さんたちと毎週顔を合わせて一緒に英語を勉強する。その繰り返し。気分が乗らず集中できない日もあれば、お勉強がスムーズに進む日もある。悩み事があって気持ちがふさぎ込んだりしながらでも教室には来て下さる。生徒さんと一対一で接していると皆さんの今が鮮明に映ります。
雲がながれるように人の気持ちも日々移り変わるのです。

S君と乾杯をしながら今年一年のAutumnの時間を幸せにしめくくることができたように思います。S君、そしてみなさんお疲れさまでした。そしてたくさんの笑いと幸せな時間をありがとうございました。
今日は今年最後のレッスン日。
明日から1月4日まで冬休みをいただき、2017は1月5日からスタートします。来年もすこやかに楽しく英語のお勉強を頑張っていきましょうね。
みなさん、どうぞ良いお年を!

絵本の会レポート

こんばんは。

先日の絵本の会が無事に終了いたしました。ご参加くださった5名の方、会場作りにご協力いただいたボアさん、そして今回のチラシを置いてくださった方々本当にありがとうございました。

普段Autumn は、マンツーマンでのレッスンなので今回のようなグループでの会は初めてとなりました。最初は少々緊張もしましたが、うきはから友人が来てくれ場を和ませてくれたのであっという間に打ち解けた愉快な会となりました。
その上、自主的におやつセットを持って来てくださった参加者の方たちのおかげでお茶菓子が一気に華やいで賑やかになりました。私の方では久しぶりにオートミールクッキーを焼いて本日のテキストのお供とさせていただきました。

予定では、参加者の方にもテキストの朗読を披露してもらう計画でしたが、その一歩手前の英語の発音トレーニング用に準備したTongue Twisters (早口言葉)を大笑いしながら練習して皆さんの朗読は次回の目標となりました。ぜひ、これを機会に英語を黙って眺めるだけではなく、声に出して読むことの楽しさを味わっていただけるよう今後もトレーニングを続けていただければと願っています。

Into the Forest のテキストの解釈については幾通りにも解釈できる大人も楽しめるストーリーだと改めて感じました。ある参加者の方が、物語の冒頭から主人公の“お父さん”が行方不明だという設定になっているが、これは“お母さん”が最初から“お父さん”、そして森の奥に住む“おばあちゃん”と一緒に仕掛けた演技ではないのだろうかと言われて…なるほど、そう考えると本当にこのお話はBrowne の不思議でユーモアのある世界に読者が最初から巻き込まれてしまうのかもしれませんね。
このように様々な解釈ができるのも複数で行う良さだと感じました。

時間はあっという間に過ぎていきまた来春頃にこの続きの会ができたらと皆さんで話したところです。

今回のテキストをもう一度読み返して朗読の練習用にテキストの和訳と私の朗読を録音したCDが欲しいとのリクエストがありましたので追って準備したいと思います。しばらくお待ちくださいね。

今回の絵本の朗読練習は近所の市民公園にある私が“森”と呼んでいる場所で行いました。練習を始めた時は、そこに立ち並んでいる木々の葉っぱたちは黄色と赤、そして緑が少し残っている状態でしたがそれが徐々に黄色と赤の二色になっていきそれらが地面に落ちていくという変化を観察することができました。落ち葉が増えて地面が厚みを増していくとその上に並んでいる木々は裸に近い状態になっていきます。地面が膨らみを増すのと同時に自分自身の気持ちもどっしりと落ち着いていくような気がしました。
日々せわしなく過ぎていく日常の中にも自分自身が帰っていける場所を持つことの大切さも絵本の朗読練習をしながら感じたことです。それは、自分自身の心の中に“森”を見つけるということなのだと思います。

 

Tさんの英語力上達レポート

Autumn の花壇の様子が少しずつ変化しています。去年の秋と比べると植物の数・種類が増えているし、昨年楽しませてくれた植物から若葉が芽吹いてきていることなど小さな変化がうれしいのです。
自分の花壇が元気になりますようにと土をほぐして元気にしている日々。
そしたらあるときふと変化がおとずれることがあり、植物の成長を彼らと共に喜び合います。
そんな喜びに似たうれしい出来事が今朝のレッスンで起こりました。

今年の2月からご入会された50台のTさん。この方はご自分で購入されたスピードラーニングという教材が有効に使えるようになりたいと基礎力アップを目指してAutumn を選んで下さった生徒さんです。スピードラーニングは、ずっと聞き流すことを目的とした教材なのですが、その流れてくる英語が単なる音でしか聞こえてこないのでちんぷんかんぷんだと最初言っておられました。だから、それらが聞き取れるようになりたいと毎週熱心に通って来られているのです。
今朝のレッスンで先週末どんなふうに過ごされたのかを英語で尋ねました。(これはだいたいいつもみなさんに聞いているあいさつ代わりの質問です。)いつもT さんは前もって週末の出来事をノートに書いてそれを読みながら答えられるのですが、今朝はノートに書かずにご自分の記憶をたぐりよせながら答えられたのです。
“My husband and I worked outside last weekend and we were tired. So we went to a hotspring.”
これを聞いたとき本当にうれしくてTさんの上達ぶりに感激しました。簡単な英文でも文章で言えるようになられていること。そして少しずつ英単語がご自分のものになってこられていること。小さなことのようですが、ここまで上達されたT さんの努力に大きな拍手を送りたいと思います。
実は、T さんはこの夏に自分の英語力が伸び悩んでいると嘆いておられたのです。けれども、めげずにちゃんと自己学習を続けられていたんですね。見事な花が開いた瞬間でした。お手持ちのスピードラーニングを再開し英文が少しずつ耳に入ってくるようになられているそうです。
帰り際に、”See you !”と、とっても晴れやかなお顔で教室を後にされたT さんでした。
来週もお待ちしています。

 

多読用読み物(Intensive Reading Materials)

読書の秋ですね!空気が冷たくなって日が短くなっていくと何か本が読みたくなります。
寝る前にあの本の続きを読もうっと。そんな楽しみが増える季節です。

昨年から少しずつ増やしているAutumn Library の本たち。最近、ようやく多読用の読み物を購入することができ教室に置いています。レベルが6段階あり、それぞれに文法や単語の難易度が決まっていて学習者向けに作られた本です。自分のレベルに合ったものを辞書なしで楽しみながらたくさん読むということを目的としています。ジャンルは様々です。古典的な小説もあればどこかの国についての歴史書や紀行文だったり。今回は、レベル2と3のものを中心に選びAutumn の生徒さんの英語での読書タイムに役立てていただければと思っているところです。
レッスンの時にお貸ししますので読んでみたい本があればどうぞおっしゃってくださいね。

We made our Jack-o’-Lantern.

今日の小学生のレッスンでJack-o’-Lantern (おばけカボチャ)を作りました。あらかじめお世話になっているお宅のお母さまにくりぬき様のカボチャを準備していただき1時間のレッスンでそれぞれのおばけカボチャを仕上げることができました。小学生の男の子二人と私とでせっせとカボチャの中身を削り三人で彫刻家にでもなったような気分でした。
男の子たちのカボチャはちょうど人の頭の大きさに近いくらい大きく、出来上がりはそれなりに迫力がありましたが、私の方はとても謙遜な様子のカボチャ君が出来上がってしまいました。というのも私のは小さめのベレー帽カボチャ(帽子をかぶっているように見える不思議なカボチャ)という鑑賞用のものを使ったせいで顔を彫る面積が狭くなり下の方に顔のパーツが付いてまるでお辞儀をしているかのように見えるのです。「いらっしゃいませ。少しずつ秋めいてまいりましたね。」とでも言わんばかりのどこか日本的な方です(笑)。もともとはこのおばけカボチャは悪霊を追い払うために玄関先に置くもののようですが、ちょっと期待できそうにもありません。むしろ、福は~うち!というようなゆったりと構えた穏やかな雰囲気があります。
男の子たちが作ったカボチャを早速お母さまが和風に飾って下さりキャンドルを灯したお化けちょうちんに温かみが増しました。カボチャの周りに猫の置物やどんぐりなどを一緒に置かれていて和風のおばけカボチャの完成となりました。
レッスンの時間に工作をしたのは初めてでしたが、ハロウィーンの仮装をしたりパーティーをするよりも静かに手仕事ができる豊かな時間だったように思えます。
S君のお母さん、お手伝いありがとうございました。

お知らせ:絵本の会

“One night I was woken up by a terrible sound.
The next morning all was quiet. Dad wasn’t there. ……”
(Anthony Browne, Into The Forest, 2004, Walker Books)

さて、このお話のつづきは皆さんとご一緒に!

イギリスの絵本作家 Anthony Browne のInto the Forestを読む会を開きます。

とき:11月26日 土曜日
①13:30~14:40
②15:00~16:10
各回70分で、定員はそれぞれ4組ずつです。上記のどちらかの時間帯をお選びください。

ところ:l’atelier bois
鳥栖市本通町1‐855‐1
*JR鳥栖駅近くのお花屋さん(アトリエ・ボアさん)の和室を借りて行います。

対象:中学生以上の方で英語や絵本に興味のある方

会費:中学生・高校生 お一人さま1,500円
大人 お一人さま 2,200円
親子ペア(中高生のお子さんとその保護者の方)お二人で3,000円
*当日のテキスト絵本付きです。親子ペアの場合は、お二人で1冊となります。

Into The Forest
あらすじ:主人公、僕の家のお父さんが突然いなくなりました。お母さんと僕はお父さんがどこに行って
しまったのか全くわかりません。
さて、そんな中、僕はお母さんからあるおつかいを頼まれます。おばあちゃんの家までケーキ
を届けてほしいと。けれどもおばあちゃんの家は森の奥にあります。
僕は無事におばあちゃんの家までたどり着くことができるのでしょうか。そして、お父さんの
行方は???

当日は、Autumn の読み聞かせの後、参加者の方たちにもテキストの音読と朗読!に挑戦していただきたいと思っています。Browne のどこか不思議でユーモアにあふれる世界を味わっていただきながら英語の音を楽しんでください。
また、ボアさんの森の中にいるような不思議な空間で鑑賞するのにぴったりの作品だと思います。
晩秋の午後のひととき、みなさまお誘いあわせの上、ぜひお越しください。お待ちしています。

申し込み:英語塾Autumn まで
電話 かメールにてお申込みください。
定員になり次第締め切らせていただきます。
でんわ 090-4756-9820
メールは、Autumn のホームページの問い合わせフォームより送信ください。
よろしくお願いします。

 

 

 

Top