広木克行先生の講演会

昨日、広木克行先生の講演会が無事に終わりました。ころころ保育園の育ちあう会のお母さんたちが中心となり去年からせっせと準備をして実現した講演会です。園長のまゆみさんが、おかあちゃんたちにも聞いてもらい子育てについての学びをぜひ深めてほしいという思いで提案してくださったのでした。

子どもは「育ちなおし」の名人!~見えますか、子どものシグナル~

という演題で2時間ほどお話をしていただきました。

生きづらさを抱えながら生きている子どもたち。そして不安をたくさん抱えている親たち。核家族で横のつながりが何もないままに子どもは親や大人の評価ばかりを気にして生きていかざるをえない状況。

子ども同士がもっとのびのびと共に育ち合う環境を作っていかねばならないと先生はおっしゃってました。それはやはり私たち親の責任ですね。これだけ閉ざされた人間関係の中で生きている私たち。普段の暮らしの中にどのようにしたら子どもも親も心地よく生きていかれるのか。子どもの発達段階に応じた環境作りについて学びを深めていきたいと思いました。

広木先生が出版された詩集の中からいくつかのことばをご紹介します。

『子どもは紫の露草』

広木克行 著(北水、2002)より

[子育ての心について]

幼児期は
ヒトとして生まれた子どもたちが
人間として育つための
心と体の根っこを育てる時期です

子育ての“外注”に頼っていては
子どもは育つことができません

子育てには
親が仲間を広げ
その仲間とともに
子どもたちが育ち合う環境をつくることが大切です

[子どもの気持ち]

自分の考え方や生き方を変えるのは
他人から注意された時ではなく
その必要性を自分自身がつかんだ時です

やり直しができるということ
これが人間とその子どもの素晴らしさです

 

どれも励まされることばです。この本は、詩画集になっていて浅倉田美子さんという方の柔らかいイラストも楽しむことができます。

今回は、お弁当係りを仰せつかったおかげでお昼ご飯は、先生と対談形式でご一緒できたのです。初対面でご年配の大学の先生ということで緊張しましたが、二人で辛子レンコンをサクサクと音を立てながら食べました(笑)。埼玉の深谷にあるのびのびとした保育園の話などが聞け、自分の普段の子育てについてもおしゃべりができて良かったです。娘から先生に渡すようにと預かったどんぐりをランチョンマットの隅っこに置いてお友達が作ったお皿を並べました。

でんでんむし組時代の貴重な思い出がまたひとつ増えました。

先生、そしてお母さんたち本当にお疲れさまでした。

春が来るまでに

おはようございます。今日は1月最後の日。あっという間に春がやってきそうです。

最近、娘がとても気に入ってかけている童謡のCDがあります。今の季節にぴったりの歌です。

 

♪はるよこい はやくこい
あるきはじめた みいちゃんが

あかい はなおの じょじょはいて
おんもへでたいと まっている

 

はるよこい はやくこい
おうちのまえの もものきの

つぼみもみんな ふくらんで
はよさきたいと まっている♪

 

この歌は春よ来いという歌。保育園に向かう時など、娘と車に乗る時は何度も何度も繰り返し聞いています。(まるで英語のリスニングの練習のよう)最初に聞いたときはほとんど歌詞もメロディもわからなかった娘が今では、体を揺らしながらリズムに合わせて元気よく歌っています。

「あっこちゃん じょうずやったろ?」

歌い終わると必ずこうして聞いてきます(笑)。

「ほんと、じょうずやった!」

私がそう答えるととても満足そうに微笑みながら、

「もう一回かけて。」

と熱心に歌の練習は続きます。春が来たときにいろんな人たちにお披露目でもするのかな。

楽しんで繰り返す!ということの大切さを改めて感じました。

ようこそ Autumn へ

先ほど、明日に向けてのお弁当の下ごしらえが出来ました。久しぶりにもらった私の祖母の高菜の新漬けも入れようと思います。これを食べると春が近いのだなと思わずには居られません。先生にも九州の味を楽しんでいただけたらなと思っています。

さて、今日は、Autumn に新しい生徒さんがまたひとり増えました。毎年冬休みに海外旅行をされるという50代の女性です。自己学習用に購入された英語教材で勉強されているそうですが、迷路に入りこんでしまったということで Autumn に Help me! とお声をかけていただいたのです。

巷で流行っている聞き流しているだけで英語がわかり身に付くという教材を持っていらっしゃるそうです。けれども、わからない単語や英文をいくら聞いても単なる音にしか過ぎないということが次第にわかってこられたようです。

この生徒さんの最終的な目標は、海外旅行のときに日常会話が出来るようになること。そのためには、まず重点的に単語力と文法力、それに加え英語特有の発音についてもたくさん学んでいただくことにします。この地道な鍛錬を楽しみながら続けていただき、ひととおり学習されたらご自分の購入された教材も生きてくるはずです。

共に頑張っていきましょう!ようこそ Autumn へ。

講演会用のお弁当作り

こんばんは。

今夜もトントンとレンコンを叩いて味噌と辛子を詰め込みました。そう(笑)、また辛子レンコンを作っています。

今回は、自家用ではなくちょっと特別な方に向けて。

今週末、ころころ保育園では、関西から子育てについてお話に来られる先生をお迎えするのです。午前中の講演会が終わってから先生にお昼ご飯をということでお弁当係を募りました。私は、講演会までの様々な準備はお手伝いが難しいと考え、お弁当担当になります!と立候補したのです。

さて何を作ろうかと最初に思いついたのがこの辛子レンコンでした。九州熊本の郷土料理で色身もウコンの黄色がお弁当の重要な脇役となってくれるはずです。

一人のあるお母さんが私のお弁当作りを手伝ってくださるとのことで、彼女には主役のから揚げと卵焼きをお願いしています。私の方は、副菜となるおかずをレンコンの他に数品入れるつもりです。それら副菜たちが個性を放つようなしかけを施すつもりです(笑)。

うきはの友人が作る金山寺納豆がとても美味しくひと月ほど前から彼女にお願いしていて今日取りに行ってきたところです。作って2日後くらいが一番食べごろだということで、それに合わせて受取日を今日に設定してくれたのでした。

色々な想いが詰まったお弁当になりそうで本当に楽しみです。明日、卯の花など作って明後日に備えます。

雪に包まれて

What a morning !

おはようございます。昨日に引き続き今朝も雪がずっと降り続いています。

昨日作った雪だるまがすっぽりと雪を被り愛らしいお顔がわからなくなっています。作ってはまた作り直しての繰り返し。。。。。。昨日から顔を変えたり蝶ネクタイを付けてみたりと色々と変化を加えました。最終的に今は、猫顔のスノーマンに落ち着いています。娘は寒いと部屋から眺め、私だけが無心になって雪の工作を楽しんでおりました(笑)。

それにしても、こんなにたくさんの雪が身近にあるというのがとても珍しいこと。あまりにも嬉しくて昨日は、何度か散歩に出かけました。車も人通りもなく普段の道が静けさに包まれており自分の心も静かになっていくのがわかりました。

今日は保育園をお休みさせ、娘と一緒に貴重な雪の日をゆっくりと楽しもうと思います。

Autumn からのお知らせ

みなさん、こんにちは。先日の雪の日から数日が経ちました。塾の看板の下に作った雪だるまが姿を消し、枕木の上には椿の帽子だけが残っています。

さて、今日は英語塾について二つお知らせがあります。

一つは、Autumn が月刊 TOSS というフリーペーパーに掲載されます。2月号です。鳥栖市や基山町など鳥栖近隣の市町村に配布されている情報誌です。もしお手にされる機会がありましたらぜひ目を通していただけたらと思います。

月刊 TOSS の蓑原さん、お世話になりました。ありがとうございました。

二つめは、Autumn の2016年からの料金等変更のお知らせです。

今年から積極的に生徒さんを増やしていくつもりです。塾で使用するテキストや貸し出し用の教材を充実させていくことにします。それに伴い、入会金と更新料を新たに導入させていただきます。どうぞご理解のほどよろしくお願いします。

入会金(新)

  • 13,000円

更新料(新)

  • 5,000円(年に1回、ご入会1年後の月にお願いします。)

月謝制

  • 一般・高校生 10,000円
  • 中学生    9,000円
  • レッスンは週に1回で月に計4回です。

月に6回レッスンをご希望の方の枠も設けました。

  • 一般・高校生 14,500円
  • 中学生    13,000円

 

教室内に多読用読み物貸し出しコーナーを準備中です。映画の原作、古典、童話、ノンフィクションなどレベル別に本を揃える予定です。生徒さんが自己学習用教材としてできるだけ多くの英文に触れていただけることを願っています。

どうぞお楽しみに☆

ご不明な点がございましたらお気軽にご連絡下さい。

英語塾 Autumn

手島やすえ
連絡先 090-4756-9820
pamekko_831☆yahoo.co.jp
(メールアドレスは、☆のところを@に変換してご入力下さい。)

まで。

Top