言葉を覚える

あと数日で4歳になろうとしている娘、あきちゃん。普段の暮らしの中で新しい言葉を自分のものにしようとしています。

先日あきちゃんとうどん屋さんに入った時のこと。
そのうどん屋さんは西鉄久留米駅ビルの二階にあります。窓際の席に座ると駅前の通りを眺めることができるのです。
私たちは窓際の席に座りうどんが来るまで駅前の景色を眺めていました。
私が、「ここは眺めが良いね~。」と言うと、早速あきちゃんが
「ナガメ ってなあに?」とたずねてきました。
「ナガメ っていうのはね、見えるもの ってことだよ。たとえば、ここに座ってあきちゃんには何がみえるかな?」

「あのね ケイサツのおうちが見えるよ。」

「そうだね そう ケイサツのおうちがあるね。ケイサツのおうちのことをコウバンって言うんだよ。」

「コ ウ バ ン?」
「そう、交番。じゃあ、他に何が見えるかな?」

「えっと バス バスがいっぱいとまっているよ。」......

こんな具合に会話をしながら彼女は新しい単語を会話の中や様々な状況の中で聞いて感じて学んでいるのです。彼女の脳は新しいスポンジのように何でも吸収していきます。

あきちゃんの言葉を覚える過程と外国語のそれも同じです。
先週、英検1級対策クラスで特別ゲストに出くわして有意義な時間を過ごすことができました。
毎週、その方のお宅に訪問して英単語テストをするのですが、ちょうどその日は、その生徒さんのカナダからのお友達が二人滞在中だったので単語テストの後、普段のお二人の暮らしの中で使う単語はどれか聞いてみることにしました。
実のところ長い長い英単語テストを作っている私自身が、それらの単語をほとんど知らないからです。知っている単語があったとしても何かで読んだことがあるとかニュース番組で聞いたことがあるとかいうようなものです。
例えば、“~を増やす”という意味の単語をテストしたくて、例文で
In order to( augment )my income, I work several part-time jobs.
の中のaugment という単語は、彼らの日常生活の中ではboost という単語で使うと教えてくれました。なるほど、boost なら私も聞いたことがあるしインプットのある単語です。同じ意味なのですが、“聞くか聞かないか”、“使うか使わないか” で判断するとboost の方がよく聞くし使うということでした。そうでなければ記憶に残りませんね。
実際にその言葉を使って生活をしているネイティブスピーカーから直接英単語の説明を受けられて本当に貴重な時間を過ごすことができました。
言葉は生きものと同じ。実際の暮らしの中で言葉を習得していくことが自然なかたちです。
Autumn のレッスンでも大人のクラスでは、より日常会話にフォーカスしたレッスンを行っていきたいと思います。そのための文法であり英単語なのです。そんな言葉たちをたくさん散りばめられるようなレッスン作りをしていきたいです。

 

 

10月からのレッスンの空き状況について

Autumn では、ただいま10月からの一般クラスの生徒さんを募集中です。
レッスンは週に1回で月に4回となります。
現在、下記の曜日と時間帯が空いております。

毎週火曜日:13時半から15時のコマ

毎週水曜日:10時から11時半のコマ、13時半から15時のコマ

日常会話ができるようになりたい!海外旅行の時に英語をもっと話せるようになりたい!
英単語力をもっと伸ばしていきたい!...英語のお勉強が純粋に好き!などなど。
この秋から英語を!とお考えの方、一緒にAutumn で学んでみませんか。

 

レッスン料改定のお知らせ

みなさん、こんばんは。
今日でAutumn は一周年、1歳になりました。
鳥栖の自宅で小さく始めた英語教室にひとり、ふたりと生徒さんが増えていきだいぶ教室らしくなってきました。こうして二年目の秋を迎えることができたのは、毎週レッスンを受けて下さっている生徒のみなさん、そして安心して教室を開けていられるようにサポートしてくれる家族、友人、娘の保育園のみなさんのおかげです。たくさんの方々、本当にありがとうございます。
これからもそれぞれの生徒さんとおしゃべりするような気持ちで楽しく、一緒に英語をお勉強していくパートナーであり続けたいと願っています。

Autumn では、開校当初から個別指導形式でレッスンを行っております。それは生徒さんのお勉強の目的や進むスピード、理解度などがそれぞれに違うからです。
今後も変わらず個別指導形式でレッスンを行っていきたいと考えておりますが、運営継続のために以下のように10月からレッスン料を値上げさせていただくことにいたしました。ご理解いただけましたら幸いです。

10月からのレッスン料について
一般クラス(大人のクラス):12,000円
中学生:11,000円
高校生:13,000円
*月謝制で一回90分のレッスンが月に4回です。
*入会金、更新料についてはこれまでどおりです。

今後もAutumn をどうぞよろしくお願いいたします。

手島やすえ

 

 

 

ビスケットを焼く夜は

こんばんは。ブルーチーズがほんのりと甘い香りの中に溶け込んでいます。
先ほどビスケットを二種類焼いたところ。
一つは娘のおやつ用の型抜きクッキー。もう一つの方はブルーチーズ入りのビスケット。少し前にブルーチーズを見つけて買っていたのでレシピに書いてある分量を入れて作ってみました。こちらは、おつまみにぴったりのビスケットです。
生地をまとめて綿棒でのばし天板に入れようとしたら...天板のふちのところはうっすらとほこりが付いているのに気付きました。なるほどね、、、そういえば家でお菓子を焼くのは数か月ぶりだ!夏は暑いからあまり焼き菓子は食べたくないのとここ最近は夜遅くに台所に立つ気持ちの余裕がありませんでした。みんなが寝静まってからゆっくりとお菓子を焼くというような日はなく、レッスンの準備に追われていました。ありがたいことです。

先週末は、学生時代からの友人が東京から訪ねて来てくれました。友人と娘、私の三人で日曜日から1泊で佐賀の古湯温泉に。台風の影響で飛行機が飛ばないかもしれないと心配しましたが、ぎりぎりまで待って旅館にはキャンセルの連絡はいれずにいました。4日の飛行機は予定通りに飛んだので三人で温泉宿での時間を満喫することができました。
古湯温泉がある富士町は山あいの静かなところで小さな老舗旅館が並んでいるところです。
特別なことは何もしませんでしたが、夕飯前に小雨がぱらつく中を三人で古湯の温泉街を散歩してしっかりと風景を目に焼き付けて帰ってきました。今回訪ねて来てくれた友人とは一年に1回会えたら良い方です。お互い普段は離れた場所に暮らしているのにこうして久しぶりに再会して何気ない時間を過ごす。これはたくさんのおしゃべりをするよりも贅沢な時間のように感じました。
Yちゃん、来てくれてありがとう。

assessment month : September

こんばんは。今月をAutumn では、assessment month と定めました。それは、生徒さん達にこれまでのレッスンと自宅学習での自己評価の時間を取ってもらうというものです。
具体的には、入会半年を過ぎた生徒さんを対象に Autumn で、自宅で何を学ぶことができたか。英語の学習でどの部分を伸ばすことができたか。あるいは伸ばすことができていないか。といったようなことを再確認してもらっているのです。
自分の英語学習を見直すことでこれからの半年どのような方法で学んでいくのか再度見直してもらいながら今後の学習計画や目標を生徒さんたちと一緒に話しているところです。
みなさんレベルは違いますが、悩みは共通していました。それは、単語の増やし方。
“語彙を増やさなければ簡単なことも表現できない!”
初級の方は、最初に購入されたイラスト辞典を使って毎回のレッスンに単語を学ぶ時間を設けていくことにしました。週に1回のレッスン時間は90分。もちろんレッスンだけでは、英語の学習時間は十分ではありません。けれど、毎回のレッスンが終わって次のレッスンの時間までの1週間、それぞれの生徒さんがご自分の生活の中に英語と触れる時間をできるだけ作ってくださいますように!と願いながら、Autumn もレッスンに臨んでいきたいと思っています。
日本語の生活の中に英語を組み込んでいくことは容易なことではありませんが、そこを試行錯誤しながら泣いたり笑ったりを繰り返してとにかく継続していきましょう。
これで大丈夫なのかしら?自分の勉強方法ってこのままでよいのかしら?
そんなふうに感じたら気軽にご相談下さいね。
Autumn のホームページのFAQ のところに単語学習のことについて少し触れていますが、その補足です。
既成の単語帳でなくやはり自分の単語ノートをご準備ください。できればB5以上の大きさのノートが良いです。そして、新たに出会った単語をそのページの一番上に書いていきます。2ページ分は一つの単語の情報を書き足していくように作ってもらいます。
例えば、temple という単語を一番最初に見たり聞いたりした時に、使われていた文章をそのまま書きます。文章でなかったら、その意味の例文を辞書から引き出して書きます。
例)There are so many temples in Kyoto. (京都にはたくさんのお寺があります。)
とりあえず最初はこれだけでよいです。このノートはいつも書き足せるようにしておきできるだけ何度も見るようにして、声に出して読んでください。
その後、しばらくしてまたtemple の別の意味に出合ったらその二番目の意味の文章を書き足します。
二つめの意味は、“こめかみ”です。このように一つの単語で複数の全く違う意味を持つ単語はたくさんあるんです。
少しずつ一つの単語の情報量を自分の英語体験に応じて増やしていくのです。
自分の記憶に寄り添った単語ノート、おススメです。私も作成中です。参考になさっていただけたらうれしいです。

どんぐり

窓を開けて鈴虫の鳴き声を聞きながらパソコンが開けるようになりました。
先ほど時計を見たら夕方の7時。外はすっかり暗くなっていました。日が暮れるのが早くなりましたね。

数日前のことです。洗濯をしてこれから干そうと洗濯物たちをかごに入れていたらカランと音がしました。
洗濯機の中をのぞいてみると...そう、どんぐりでした。娘が保育園のお散歩中に拾ったもののようです。ポケットに入れたまま忘れていたのでしょう。まだ緑色をしている若い実でした。
今季拾った初めての若いどんぐりに出会うことができて一気に心は秋色になりました。
もう少しストックが増えたら、あきちゃんのどんぐり屋さんが今年も始まります。どんぐり親子の季節がやってきます。
今日も近所の公園でどんぐりが落ちていたのを見つけたので早速拾って持ち帰ってきました。
「ママ、なくさんでちゃんとポケットに入れとってよ!」
彼女はどんな気持ちでどんぐりを拾っていたのでしょうか。

どんぐりを見た途端に彼女の表情が変わったのがはっきりとわかりました。
「これは私の特別な実なんだ。」と言わんばかりの真剣なまなざし。
今年も色々な場所で沢山のどんぐりを拾って素敵な出会いがありますように☆

Top