お茶の時間に

最近Autumn でちょっとお茶を飲んで行かれる人たちが増えてきました。いつ誰が訪ねて来られても楽しくお茶ができるように教室の奥にある物置に少しお茶菓子を置くようになりました。
基本はレッスンの場所ですが、時にお茶どころになることもあるのです。

先日、熊本の南関町から素敵なご夫婦が訪ねて来られました。今日はそのことについて書きます。
小柄なお二人は、ユタカさん・リエさんとおっしゃいます。この帽子の似合う可愛いご夫婦は、南関町にある大津山阿蘇神社の参道沿いの古民家で小さなカフェをされているのです。お店の名前はcafe 3と言います。カフェと言ってもユタカさんの作られるお料理はいつもぴりっと格好良くてお酒が飲みたくなるようなしっかりと濃厚な味なのです。美味しそうなグラスワインがメニューに載っていていつか(!)ワインと共に定番のトマトパスタを食べられる日を思い描いています(笑)。パスタの他にはピザ、そしてエスニックなカレーが食べられます。また、リエさんの焼かれるお菓子やじっくりと煮詰められた生姜シロップ入りのジンジャーエールも美味しいのです。お料理を引き立てているような控えめな存在なのですが、とても丁寧に作られていて大切に味わいたいデザートたちです。お二人そのもののようです。
ユタカさんとリエさんご夫婦は福岡市内や鳥栖に買い出しで来られることがあるそうで、今回はそのついでにAutumn に寄ってくださったのでした。お店をされて5年。これまでお二人で試行錯誤をされながらあのメニューを作り続けてこられた日々だったのだろうと。お客には見えない時間の濃密さがさり気なく表現されているように感じられる場所です。あの初めからあるトマトパスタもお芋のタルトもみんな私たちの知らないところで繰り返し作られて今の味が誕生したのだろうし、これからもずっと進化していかれるのだと思います。私自身外食は滅多にしませんが、cafe 3さんは高速に乗ってでも食べに行きたくなる小さなレストランです。(勝手にレストランと呼んでいます。)
この南関町は、北原白秋のお母さんの実家があったところとしてご存知の方もいらっしゃるのではないかでしょうか。白秋は南関のおばあさんのお家がとても好きでよく訪れていたそうです。実はこの南関町は私の祖母が生まれ育った場所でもあるんです。だから私にとっては少し土地勘があるところ。観光地のような派手な雰囲気はありません。気候が温暖でお日様の光が町全体に柔らかくあたっているのがとても印象的な場所です。白秋が好きだった場所というのも頷ける気がします。
晴れた日にまたお二人に会いに南関へ行こうと思います。
ユタカさん、リエさん、ありがとうございました。

 

日曜日はスキップで!

今日は暖かな日曜日でしっとりとした雨が午前中から降り続いています。

あきちゃん、午前中は近所のお友達の家に一人で遊びに行きました。そのお家は我が家の斜め向かいにあるので私の方は、彼女が道を渡るのを確認するだけでよかったのでした。
「いってきまーす!」あきちゃんは、笑顔で地面に挨拶するようにしてスキップをしていきました。
トンコ トンコ トンコトンコ……
「行ってらっしゃーい!」私は、彼女がお友達のお宅の敷地に入って行くのを見届けながら休日の空気を身体中に吸い込みました。空気の一部には春の匂いが混じっていました。あきちゃんがスキップをした後、道ばたには黄色の小さな花吹雪が舞ったように感じられたのです。菜の花の妖精でしょうか。

さて、家に戻って午前中、ぽっかりと空いた2時間ほどの時間。お昼ご飯の支度をした後、寒中見舞いのはがき書きに取りかかることにしました。
昨年の9月でAutumn が一周年となりその記念として葉書を作ることにしたのです。実は、この話去年の春ごろからAutumn のイラストを描いてくれている杏子ちゃんには相談していたこと。
原画が届いてから数か月間、押入れの中にしまったままにしていたのをようやくお正月明けに引っ張り出して葉書にしてもらう決心がついたのです。(葉書をやめて別の何かを作る時に使わせてもらおうかとも思ってそのままにしていたのでした。)

手紙やはがきを書くことは私にとって日々の暮らしと共にある大切な行為でお世話になっている方々ひとりひとりに「ありがとうございます。」と気持ちが伝われば良いなと思って書いているところです。モノクロの原画には小さなどんぐりが付いた枝が1本。この枝が白いお皿の上に載せられています。どんぐりの原画に春を意識して少し色を加えてもらいました。今回は、Studio T2Oの坂本さんにデザインをお願いしました。杏子ちゃん、坂本さん、そしてbois のさちこさん、本当にありがとうございました。
今回皆さんに寒中お見舞いとしてお送りさせていただいています。どうぞお楽しみに。

さてさて、我が家のあきちゃん。お昼前に帰ってきました。お友達のお父さんが鬼のお面を被ってずっと鬼ごっこをしてくれたそうです。
午後からは小雨が降ったり止んだり。お昼ご飯の後、歩いて図書館まで行くことにしました。先ほど書いた葉書をポストに投函してから二人でスキップをしました。傘を畳んで、手をつないで笑いながらね。
「ママもスキップがじょうずだね。」
あきちゃんの手は柔らかくてとてもぬくぬくとしていました。

金魚草

先ほど、8時過ぎ。保育園にあきちゃんを送りに行ったとき、久しぶりにみらい(保育園の猫)を見かけた。誰かに入り口の扉を開けてほしいようで人が来るのを待っていたのである。今朝は冷え込んでいて水たまりやバケツの中には氷が張っているほどである。そんな朝だから、みらいはまあるく縮こまっていてかなりの猫背になっていた。
門の向こうがわへあきちゃんが入るが先か、みらいが入るが先だったか。ほぼ同時に彼らに「行ってらっしゃい」と言いながら見送ってきたところだ。
きっと今頃は暖かい部屋に入って子どもたちの傍で体を温めているにちがいない。

先週の大寒前後から厳しい寒さが続いているけれど、気持ちはぬくぬくと温かい。会いたかった人や懐かしい人たちとの再会が続きおしゃべりに花が咲いた。それぞれの人たちの持つ変わらない空気感を味わい楽しませてもらった。
朗らかな気持ちが膨らんで自分の花選びにもそれが表れているようだ。
一週間前からピンクの金魚草を二本、玄関に飾っている。こんな大ぶりの花を飾るのは初めてでとても大胆なことだと自分でも驚いている。長く伸びた茎の先端に大きな花たちがたくさん付いていてとっても賑やかな花なのである。花言葉を調べてみたら、納得した。花の様子が口をぱくぱくさせて話しているようにみえるところから、“おしゃべり”“でしゃばり”といった意味があるそうだ。

昨夕、活けている金魚草の1本がくたりとしていた。短めに切って小さなガラス瓶に活けて家庭教師に出かけた。数時間後に戻ったときは背筋がぴいんと伸びたように生き返っており、丈が短くなってこじんまりとした風貌の中にもかしましさがしっかりと残っていた。
「おかえりなさい。このとおり元気になりましたよ。」
そんなふうに彼女は言っているように見えた。
冬はやはり好きな季節だなと思う。寒さの中に「温かさ」が散りばめられているからだ。

鳥のクッキー

最近、またクッキーを焼くことが楽しい。あきちゃんと焼く時はじっくりと丁寧に作るというわけにはいかないけれど、二人で焼いてもこれまた楽しいのである。家の中で休日にできるクッキーづくりがこの冬の定番となりそうだ。

今夜は、誰かに焼くというよりも純粋に作る工程を楽しみたくて型抜きクッキーを作った。色々と作ってみたけれど、メープルシロップと油、塩と小麦粉を混ぜて焼くシンプルなレシピが気に入っている。型で抜いた生地が焼きあがった時、様々な形をしたクッキーたちが柔らかなクリーム色(きつね色というよりもやはりあれはクリーム色なのである。)を帯びてオーブンから顔を出してくる。表面がひび割れしていなくて滑らかに焼きあがったときはつい笑みがこぼれてしまう。

さて、さきほど焼きあがったのは鳥のクッキー。鳩と小鳥。なんだか幸せを運んできてくれそうな鳥たちに見える。
私の干支も“とり”なのです。

体験レッスンについて

先日(このひとつ前のジャーナルの記事)お知らせした生徒さん募集についての補足です。

ご入会いただく前に体験レッスンを受講いただけます。こちらは無料です。
時間は、1時間~1時間半ほどです。その際に生徒さんのレベルチェックを兼ねた面談をさせていただいております。Autumn で使用しているテキストや授業の内容についてなどをお話しします。
お車でお越しの方は、我が家の北側の通路(鳥栖市役所側)に駐車ください。

お持ちいただくもの:筆記用具、現在お使いの英語教材など(お持ちいただける範囲で構いません。)

ご不明な点がございましたら、お気軽に問い合わせフォームよりご連絡ください。
新しい出会いを楽しみにしております。

よろしくお願いします。

生徒さん募集のお知らせ

ただいま、Autumn では、下記の曜日・時間帯で入塾可能な生徒さんを新たに募集しています。

2月から
毎週水曜日:朝10時~11時半
毎週金曜日:お昼間の1時半から3時
*月に4回の個別指導形式のレッスンです。

一人だとなかなかお勉強が続かない。だけど英語が好きだから、楽しく学び続けていきたいという方。
共に学んでいきましょう。
大人になってからの学びの時間はとりわけ貴重で特別な意味を持っていると思います。社会人になったらいつもお勉強ばかりに時間を充てられるというわけではありません。ですから、限られた時間の中で好きなことを学びそれが自分の新たな一部分を形成していくことは大変有意義なことだと考えています。自らが進んで主体的に学んだことは全てその人自身の財産となるはずです。
英語ということばを学びながら見えてくる英語圏の文化、そしてその先に見えるのは普段私たちが使っている日本語、そして日本の文化。外国語を学ぶということは本来、奥深いものであるはずです。
じっくりと学びたいと思われる方、どうぞご検討ください。Autumn の扉をたたいてくれる生徒さんが増えることはとてもうれしいです。
よろしくお願いします。

1 / 212
Top