お盆休みとぶどう

立秋を過ぎても相変わらず残暑は厳しいですが、みなさんお元気にお過ごしですか。
自然界では着々と秋の準備が進められていて移りゆく風景の瞬間が愛おしいと感じる日々です。
栗の木を近所でよく見かけますが、いつの間にか緑のゲジゲジが堂々と姿を現していました。
毎日「暑いなあ。暑いなあ。」と、私たち人間が言っている間も自然界の植物や動物たちは淡々と前を向いて歩いていて次の季節の準備を整えているのです。

今日はお盆休みの初日。あきちゃんを連れて大牟田の祖母の家に行ってきました。先週92歳になった祖母は曾孫との時間をいつも楽しみにしてくれています。自宅用で作っている巨峰が食べ頃で今日は大きな段ボール2箱分も持ち帰って来ました。叔父と祖母の合作の巨峰。物心ついた頃から私はこの巨峰と毎夏を過ごしてきました。祖父がまだ生きていた頃は市場にも出すほどの量を作っていたので私たち親戚一同が揃って葡萄の収穫を手伝っていました。納屋に皆で集って箱詰め作業をしていた頃がとても懐かしく思い出されます。だから葡萄は私たち家族にとって特別な思い出が詰まっている果物なのです。
現在は祖母と叔父とで栽培できる量に縮小して自宅の裏にだけ作っています。今年も無事に収穫出来たことを一番喜んでいるのは祖母と亡くなった祖父なのだろうと思います。
家族のかたちは変わっても共に時を紡いだという記憶はそれぞれの心に刻み込まれているはずです。祖母が年をとってきたのでいつまでこの葡萄栽培を続けていかれるかわかりませんが、彼女の思いを大切にしていきたいと思ったお盆休みとなりました。

最後のチャンス

今月から新たに入会された生徒さんがいらっしゃいます。70歳になる女性、N さんです。
とても熱心に学ばれていてこちらも初心に帰ることができありがたいご縁をいただけました。勇気を出してAutumn のドアを叩いて下さったこと、本当に感謝しています。

7月のある日のこと、いつものようにレッスンをしていたら突然訪ねて来られた方がありました。
「近くに住んでいて前を通りかかったら看板が目に留まりました。私のような年の者でも学ぶことはできますか。」
日を改めて体験レッスンに来られた時にこの方の英語を学びたいという思いについて詳しく聞かせてもらえました。
若い時からずっと英語を学びたいという思いを持ち続けていて退職後の今、ようやくその時間が出来たと。だからこの方にとっては人生最後のチャンスなんだそうです。
少し大げさな表現かもしれませんが、この方は生きる為の精神的な糧として英語の学習を選ばれたのだと強く感じました。
学びというものは主体的・自主的に成されてこそ体の奥底から湧きあがってくるような喜び、そしてそれに伴う苦しみをも同時に身体に刻み込ませることができるのだと思います。地道に継続してこそ楽しい語学の学習は、この喜びと苦しみを知っている者は自分を信じて続けていかれるはずです。
楽しいことだけではない。苦しいことだってあるんだよ。でも、続けてみたその先にはあなたにしかわからない発見が待っているはずです。
さあ、みなさん、明日からまた頑張っていきましょう!準備は良いですか。

Top