悔し涙とお弁当

明日はやっぱりあきちゃんにお弁当を作ろう。
そう決めた。

夕方のレッスンから実家に戻ると居間が静まり返っていて照明も落としてあった。
ソファにはぐっすりと眠っているあきちゃんの姿が。

母によると私が夕方の家庭教師に出かけて行った後あきちゃんがいつになく元気がなかったのでおでこを触ってみたところとても熱かったという。体温を測ってみると39.7度あったそうだ。
今週と来週は学生さんの振替レッスンが続いており夕方に鳥栖に出ていく日数が多いのだ。明日も夕方のレッスンがあるしこんなに熱が高いので明日は保育園にも行けない。だから今夜はあきちゃんだけ鳥栖で預かってもらうことにした。

帰る前にあきちゃんが起きて珍しく私に抱きついてきた。かわいいなあ。
「ママが絵本を読んであげるよ。」
私がそう言って一緒に寝室に入ると突然あきちゃんが泣き出した。彼女が泣く時はいつもそうするように顔をくしゃくしゃにして大粒の涙がぽろぽろと頬を伝って落ちてきた。しばらくその様子を眺めて泣いている理由を尋ねてみた。
体調が悪くてしんどいから泣いているのかと思っていたけれどそれは違っていた。
明日は保育園の交流遠足があって佐賀市の保育園から半年に一度位会えるお友だちと脊振の高取山公園に行くことになっている。手作りのお弁当を持って。あきちゃんはそれをとても楽しみにしていたようだ。たまにしか会えないお友だちとお弁当を広げて滑り台で遊ぶんだ。そんなふうに彼女の中でイメージしていたのだろう。
「遠足に行けなくてお友だちと会えないことが悔しい。」
社交的なあきちゃんらしい理由だなと思った。小さい時私だったらそんなふうには考えなかっただろうから。幼稚園をお休みして家で過ごせることの方がうれしかったから。
彼女の涙を見ていたらお弁当だけでも作って一緒にお昼に食べられたらと思った。
あきちゃんの大好きな卵焼きとタコウィンナーと鮭おにぎりを詰めて。よし、そうしよう。
私がお弁当を作って持っていくと話したら泣き止んだ。

保育園に行くのもあと5カ月ほどになった。4月からは小学生だ。
遠足に行けないでママと食べたお弁当。そんな思い出も悪くないかなと思う。
明日は目覚まし時計の鳥さんにしっかり働いてもらわねば。
明日はあきちゃんの笑顔が見られますように。

手作りの家

夜間のお茶の時間を楽しめる季節になった。紅茶を淹れて昼間に買ったお菓子を味わっている。
お米の粉で作られたスコーンでりんごとレーズン入りだ。生地がしっとりとまとまっていて上品なお菓子である。

今日は午後から娘のクラスメートのお家にお邪魔して存分に山の空気とこのお友だち家族の暮らしを満喫させてもらった。お友だちの家は、脊振の山の中にぽつんと在ってお母さんがお菓子屋さんをされている。3年前に福岡市内から移住して来られたご家族でお家はコンテナで作られていた。ご主人の手作りだそうだ。住みながら家じゅうのあちらこちらを少しずつ取り付けていき組み立てていかれたのだそうだ。とても開放的な家でリビングから周りの自然が一望できるようになっている。
裏山の斜面には、ぐりという名のヤギが居ておいしそうに草を食んでいた。このヤギの小屋もご主人が一日で作られたそうだ。お菓子屋さんの工房とテラスもご主人の作品だそうである。何から何までご自分で手作りをされる御夫婦で驚きの連続だった。あまりにも居心地が良く、娘と二人つい長居をしてしまった。最初は午後のお茶の時間にお菓子を買って子どもたちがしばらく遊べたらという気持ちで行ったのだが、夕飯まで御馳走になってしまった。「カレーでよかったら食べていって下さい。」そう言って手際よく作って出してくださったココナッツミルク入りのカレーもとてもおいしかった。その上ご主人が狩りもされるというのでカルガモをローストしたものまで食べさせてもらった。
娘もたっぷりと遊んでとても満足したのだろう。家に帰って入浴後すぐいつの間にか眠っていた。
それにしても、我が家からそう遠くない場所なのに今日は随分と遠くまで旅をした気分になった。脊振の山にぽつりぽつりと知り合いが出来ていき私たちの暮らしもその恩恵をうけている。思いがけず晩餐の時間まで共に過ごせたこのご家族の暮らしはとても興味深い。やはり自分たちの手で生み出された暮らしは温かく豊かである。食べ物も住まいもこの方達の凝縮した時間が詰まっていた。忙しい日々に追われていた最近の自分自身の暮らしを見直す良いきっかけとなりそうである。
お菓子屋さんの名前は、天然菓房のがりと言います。脊振まで来られる際はぜひ足を運んでみてください。週末に開いていてテラスで珈琲なども楽しめます。
のがりさん、今日はありがとうございました。

5時21分のマダガスカル

先日目覚まし時計を買った。アラーム機能が壊れてしまった目覚まし時計はいくつも持っているのだが、それらは電池を入れ替えてもアラームが鳴らない。だから諦めて暫くは携帯電話のアラームを代わりに使っていたのだがなんとなくずっと気持ちが悪かった。つくづく自分はアナログ人間なんだと思う。
腕時計の電池が無くなっていたこともあり、鳥栖駅近くの時計屋さんに行くことにした。文字盤の大きなこの腕時計は夏の間中5時21分で台所に置かれたままになっていた。
5時21分...夕方なら一番忙しい時間。時間よ、このまま止まっておくれ!私の心の叫び。そんなふうにも思えてくる。はたまた100年もの間お城の中の全てが眠りについたいばらひめのお話までもが思い浮かぶ。
まあでも、そんなことも言ってはおられない。気持ちを現実に戻して私は時計屋さんに入って行った。

店内には先客が居た。スーツ姿の男性。偶然にも知り合いだった。
私の車のこと全般をお願いしている鳥栖の車屋さんの社長さんだった。もともと父が大変この車屋さんを気に入っている為私もお願いするようになったのだが、これまで社長さんと直接話をする機会などはなかった。社長さんは眼鏡の修理待ちで私は腕時計の電池交換待ち。15分程の時間だったが、この社長さんから意外な話が聞けて楽しかった。
最近家族旅行でマダガスカルに行かれたそうだ。この方からマダガスカルという普段あまり耳にしない国名を聞いたことにとても驚いた。しかも現地で記念に砂を集めて日本に持ち帰ろうとされたそうだが、結局持ち帰ることはできなかったとの話。マダガスカルでの旅話をとても楽しそうにされるK 社長の顔がいつもとは違ってリラックスした表情に見えた。そしてこの方と車以外のことでおしゃべりができたこともうれしかった。
私の腕時計は再び正確な時間を刻み始めたけれど、これから5時21分になるとマダガスカルの思い出話がK 社長のあの表情とともに甦ってきそうだ。
さて、肝心な目覚まし時計はというとグリーンと白の鳩時計ふうのものを選んだ。川のせせらぎと共にカッコウが朝の始まりを知らせてくれる。これから起こされるのも悪くないと思える穏やかな朝の始まりが迎えられるかもしれない。

Top