師走の水汲み

保育園の送迎の時間が早くなったことで朝に自由時間を持てるようになった。
レッスン前に1時間ほど。これはとても大きなことだ。以前は夕方に行くことの多かった仁比山神社での水汲みを朝のうちに済ませることが増えてきた。
水汲み参拝者の常連になり二年半ほどが過ぎた。たまには神主さんとも言葉を交わすこともある。
「水の出が少なかでしょ。冬場は雨が少なかけん。」こんなふうにおっしゃった。
夏場と違って水汲み場の水の流れはとてもゆっくりだ。ちょろちょろちょろ。
12リットルのタンクに水が一杯になるのに5分位はかかっているだろう。その間こちらは鷹揚に構えていた方が良い。境内の季節ごとの空気を感じ取り木々の表情を楽しむ気持ちの余裕が必要だ。
時間が無い時には汲みに行かざるべし。
九年庵の一般公開が終わった頃から12月の上旬までドウダンツツジが美しく紅葉し暫くの間楽しむことができた。
今ではすっかり葉が落ちてしまったが、その木々の前を通る度にあの見事な紅葉を思い出す。
数日前に汲みに行った時は神主さんが門松作りをされていた。裏山で伐った竹で毎年手作りされるのだ。
「オール ハンドメイドです。」笑顔を浮かべながら神主さんは話された。
師走の仁比山神社はお正月に向けてひっそりと忙しい。

脊振小へ

先月から親子で始めたことがあります。それは、早起き。
校区外となりますが、申請が通り、来春からあきちゃんが脊振小学校へ行けるようになりました。せふり保育園の同級生たちと一緒に小学校に行きたいという彼女の意向と私自身も脊振という場所に次第に魅かれていったからです。去年はお山に上っていくのもあと1年の辛抱だと毎朝自分に言い聞かせながら保育園の送迎をしていましたが、脊振に一人また一人と家族単位で信頼できる人たちが増えていくにつれ自分の思いは変化していきました。自然豊かな場所とそこに暮らす温かい人たち。彼らの土地に根差した暮らしは手作りで忙しいけれど、黙々と自分のやるべきことに専念している。出会った人たちの持つ静かな拘りと真剣さに惹かれていったのだと思います。
有難いことに最寄りのバス停に停まる昭和バスが1本だけ通学の時間に合わせて出ています。それが7時19分。だからバスの時間に合わせて親子で早起きの練習を始めたというわけです。入学の直前に始めるよりも、前もって時間をかけながら体を慣らしていく。その方が小さなことに目が向けられて朝の時間をスムーズにこなす工夫もできると思っています。あきちゃんは今から一人でバス通学をする日をとても楽しみにしているようです。
小学校への階段を1歩ずつ上っているAutumn 親子の愉快な日々は続きます。

Top