高菜漬と桜のスコーン

やはり丹精込めて手作りされたものの良さは口にした時の満足感が違う。
昨年から富士町で無農薬野菜を栽培されている才津さんの野菜を買っている。脊振に工房がある陶芸家さんの旦那さんだからだ。この陶芸家さんからはたまにヨガを伝授してもらうこともありお世話になっている。そんな気心知れた人から日々の野菜を分けてもらえるのは本当にうれしい。毎回値段だけを決めて定期便のメニューはお任せにしている。おまけで季節のお野菜が入っていると食べるのがよりいっそう楽しみになる。
先月から旦那さんが自家用に作られている高菜の新漬を分けてもらっているがこれが本当に美味しいのである。歯ごたえと塩加減が絶妙なのだ。子どもの頃に祖母が庭で畑から採って来た高菜を塩もみして大きな樽にいくつも漬けていたから高菜には特別な思い入れがあるのだと思う。才津さんの高菜漬は祖母のものよりもきりっとひきしまっており北国の漁師を連想するような味だ。お昼のお弁当に入れて持って行っている。

昨日は、脊振のお菓子屋さん、のがりさん親子が初めて我が家に遊びに来て下さった。娘さんのYちゃんからお誘いを受けたからだ。あきちゃんとYちゃんは保育園の頃からのクラスメイトで小学校でも同じクラスになる。(1組しかないからである。)明朗活発なあきちゃんからするとこのYちゃんがどうも可愛くて仕方のない存在のようだ。自分にはない静かでおっとりとした雰囲気が魅力に感じて不思議と彼女と居る時はあきちゃんまでいつになくしおらしくなるのだ。それがまた可笑しくて愉快なのである。
桜が少し残っている仁比山公園でお弁当を食べた後、我が家でお茶の時間を楽しんだ。のがりさんお手製の桜のスコーンとチョコバナナスコーンはふんわりと優しい味で久しぶりに気持ちがほぐれた。Yちゃんが小麦粉と卵が食べられないので米粉とその他の素材をうまく混ぜ合わせて作られている。
平日も木曜日・金曜日はお店が開いているそうなのでそのうちふらっと行ってみたいものだ。

脊振の人たちの手仕事に刺激を受けて私も久しぶりにマフィンを焼いてみた。リクエストのあったバナナマフィンを。あきちゃんの学童のおやつにいいんじゃないか!

いつもと違う風景

「終点までお願いします。」
7時19分。私はバスの運転手さんに一言伝えて娘を見送った。
最寄りのバス停から終点まで10分ほど。娘はこれから毎日路線バスに揺られて山に上がって行く。私と2年余りを車で通った道。川沿いの狭い1本道。数日前から眼鏡橋の辺りから桜は散っており新緑が息をのむほどに美しい。
彼女にとってバスで通るのは慣れ親しんだ道で馴染みのある風景であろうが、バスの車内に座って眺めるとそれらはまた違って見えるのではないか。いずれにしても一人でバスに乗って脊振まで上がって行くことを心待ちにしていた娘にとっては人生初の大冒険となったにちがいない。一人でちょこんと座って満面の笑みを浮かべながら私に手を振ってくれた。
朝の送迎をバスの運転手さんにお願いできるのは日々の大仕事の負担が軽くなりとても有難いことである。
しかも、子どもがほとんどいない地区にもかかわらずバス停の近くに区長さんの奥さんが見守り隊で毎朝立って下さっている。とても心強い。子どもの成長と共に地域の繋がりをより強く意識するようになってきた。
ああ、それにしても、何かこう一大任務をひとつやり遂げたような達成感があり私はバス停からの帰り道傘をさして空に向かっているようだった。
明日はいよいよ入学式。

Top