孫の顔と娘の顔

あきちゃん、5歳。小さいながらも神埼の家で過ごす時と鳥栖のばーばの家で過ごす時の顔が違います。
ばーばの家に行く火曜日と金曜日の夜はばーばに甘えて「遊ぼう」コールが鳴りっぱなし。食事をすることよりも遊ぶことの方が大事で少しだけしか夕飯を食べません。私が家庭教師をして帰ってくるまでお絵描き、折り紙、そしてテレビの歌番組を見ながら歌手になりきったりしているようです。一方、神埼の自宅で過ごす時はママの助手として沢山のお手伝いをやってあげなければ!という彼女なりの強い意志が感じられます。今日は保育園から帰ってすぐに玄関横の花壇を整えました。20センチほど伸びたヒマワリの苗を地植えしてそのあとにユリの鉢を地植えする土の準備をしたところです。二人で一緒に土をほぐして水をたっぷりと与えました。おかげで玄関前の小さな花園がだいぶ賑やかになってきました。
そして庭仕事の後は夕飯の支度の手伝いです。もちろん全部というわけにはいきませんし、私の方も全部一緒に作っていたら時間がかかり過ぎてしまうので、メインのおかずのハイライト部分を彼女に手伝ってもらうことが多いのです。今晩の献立は、トマトとアスパラのサラダ、じゃがいものポタージュスープ、メインは一口サイズの豚カツでした。豚肉を衣をつける前の段階まで準備をしておき、その後はあきちゃんが帰ってから一緒に作りました。台所に入ってくる前にエプロンと三角巾をしっかりと身に着けており今夜は気合の入り方がいつも以上でした。彼女がパン粉を付ける係を担当。
「豚肉さんにふかふかのベットを作ってあげてね。」
「はーい。できましたよ~。パタパタトントンしますね~。」
こんなやりとりをしながら小さなお手伝いさんと初めてこの家で豚カツを作りました。ちょっとおめでたい気持ちになりました。
この小さな助手は味見が大好きなようです。好物のじゃがいものポタージュをたっぷりと小皿に注いで味見を楽しんでいました。
今夜は夕飯の前にたくさん働いたせいかお風呂を済ませてから私の知らぬ間に押入れの中で寝入っていました。
お手伝いありがとう!
助手の顔、娘の顔、そして孫の顔。様々な顔を持つあきちゃんですが、どこに居ても全身のアンテナをピーンと張って相手のことをしっかりと観察しています。彼女の持つエネルギーのおかげで私は生かされているなあとしみじみと思う日々です。

Top