手を放して

こんばんは。
外は嵐です。今日は台風の為レッスンをお休みにしてあきちゃんと一日じゅう家の中で過ごしました。
お絵描き、ブロック、折り紙、替え歌しりとりなどをしてあっという間に一日が過ぎました。私だけが昼寝をして(最近はいつもこうなります。)あきちゃんは眠らずに画用紙にずっと何か描いていたようです。昼寝をせずに休むことなく動き続けていたので夜はすぐに寝てしまいました。彼女は常に五感をフル稼働しながら120パーセントの力で大地を踏みしめて生きています。

7月1日の日曜日のこと。この日は朝から快晴で蝉が鳴き始めたとても暑い一日でした。
なんとあきちゃんがこの日から補助輪なしの自転車にほぼ一人で乗れるようになったのです。
練習を始めたきっかけは、お隣さんA さんの提案でした。我が家に遊びに来られた時に子ども用の自転車がA さんの目に留ったのです。
「あきちゃん、自転車は乗れるね?」
「......」黙って首を振るだけ。
「よし、じゃあ、明日から練習しよう!」
そう言われてA さんは次の日の夕方からコーチをしてくださったのです。
お互い夕方に用事がない時は少しでもあきちゃんの練習に付き合うことにしました。
蒸し暑い夕暮れ時で蚊がたくさん飛んでいました。それでもめげずにA さんはあきちゃんを励まし続けてくれました。
練習期間は1週間程でしたが、1日の日曜日から直線の30メートル位は一人で乗れるようになったのです。
最初はペダルに足を乗せることも怖がっていたのにみるみるうちに自信がついて最後は私に手を放すようにと頼むほどになりました。
「あきこさん、本日の最終試験合格です。また、来週次の段階にいけるようにがんばろうな。」
A さんの指導はこちらも傍で見ていて勉強になりました。少しでも前進できるように学習者の進み具合を見ながら寄り添っていく。そして、次の段階へと行けると判断した時はひとつ上の課題を与える。そんな具合に彼女の歩みに合わせて一歩ずつ階段を上ってくださったように見えました。
雨が上がったら、あきちゃんの体が覚えているうちに少しでも自転車に乗れる時間を見つけていきたいと思います。
A さん、いつもありがとう。

Top