悔し涙とお弁当

明日はやっぱりあきちゃんにお弁当を作ろう。
そう決めた。

夕方のレッスンから実家に戻ると居間が静まり返っていて照明も落としてあった。
ソファにはぐっすりと眠っているあきちゃんの姿が。

母によると私が夕方の家庭教師に出かけて行った後あきちゃんがいつになく元気がなかったのでおでこを触ってみたところとても熱かったという。体温を測ってみると39.7度あったそうだ。
今週と来週は学生さんの振替レッスンが続いており夕方に鳥栖に出ていく日数が多いのだ。明日も夕方のレッスンがあるしこんなに熱が高いので明日は保育園にも行けない。だから今夜はあきちゃんだけ鳥栖で預かってもらうことにした。

帰る前にあきちゃんが起きて珍しく私に抱きついてきた。かわいいなあ。
「ママが絵本を読んであげるよ。」
私がそう言って一緒に寝室に入ると突然あきちゃんが泣き出した。彼女が泣く時はいつもそうするように顔をくしゃくしゃにして大粒の涙がぽろぽろと頬を伝って落ちてきた。しばらくその様子を眺めて泣いている理由を尋ねてみた。
体調が悪くてしんどいから泣いているのかと思っていたけれどそれは違っていた。
明日は保育園の交流遠足があって佐賀市の保育園から半年に一度位会えるお友だちと脊振の高取山公園に行くことになっている。手作りのお弁当を持って。あきちゃんはそれをとても楽しみにしていたようだ。たまにしか会えないお友だちとお弁当を広げて滑り台で遊ぶんだ。そんなふうに彼女の中でイメージしていたのだろう。
「遠足に行けなくてお友だちと会えないことが悔しい。」
社交的なあきちゃんらしい理由だなと思った。小さい時私だったらそんなふうには考えなかっただろうから。幼稚園をお休みして家で過ごせることの方がうれしかったから。
彼女の涙を見ていたらお弁当だけでも作って一緒にお昼に食べられたらと思った。
あきちゃんの大好きな卵焼きとタコウィンナーと鮭おにぎりを詰めて。よし、そうしよう。
私がお弁当を作って持っていくと話したら泣き止んだ。

保育園に行くのもあと5カ月ほどになった。4月からは小学生だ。
遠足に行けないでママと食べたお弁当。そんな思い出も悪くないかなと思う。
明日は目覚まし時計の鳥さんにしっかり働いてもらわねば。
明日はあきちゃんの笑顔が見られますように。

Top