資料館でお芋

26日から二日間、久しぶりに九歴の受付で働きました。

九歴というのは小郡市にある福岡県の歴史系博物館、九州歴史資料館のこと。以前は、40年近く太宰府市にあったのですが、5年前に小郡市に移転開館したのです。展示室に加え、図書収蔵庫もあり考古学について深く学びたい方には最高の環境が整っています。

私自身は5年前の開館の時から受付で働いています。出産を機に一旦は辞めましたが、現在は依頼された時にだけ働いています。

建物は全面ガラス張りになっているので受付に座っていても外の緑を眺めることができます。正面玄関近くには欅の木が植えられていて、開館当初から比べると地面の芝生に馴染んで一回り大きくなったようです。

さて、いつものように受付に座って外を眺めていたら懐かしい人が入ってきました。このお客さんは、70代のおじいさんで数ヶ月に一回のペースで来館される方。刀剣を習っているそうでそのお話を受付でよくされるのです。

今回はおしゃべりはあまりされず、中に入っていく前に

「これ、食べんの。」

と紙袋を差し出されました。

中を覗いてみるとあつあつの丸っこい焼き芋が入っていたのです。

お礼を言って早速事務所の職員さんと分けて食べました。

おじいさんが展示を見終わって帰られるとき

「お芋 ごちそうさまでした。ほくほくして美味しかったです。」

と伝えるとニコニコして帰って行かれました。

食べ物を差し出す人は初めてで驚きましたが、このおじいさんは、今回焼き芋を届けるためだけに来られたのだと思います。

このように九歴に来られる方の目的は様々です。真剣に展示を見たい方、寛ぐため・気分転換のために来られる方など。散歩がてらふらっと立ち寄るという気持ちで気軽に足を運んでいただければと思います。新年は5日からです。

Top