朝日山公園へ

トン トン トン

家族が寝静まったあと、台所に一人立って料理の仕込み。

今日、妹家族が来て皆でお正月の夕食会をします。お寿司を取ることになっているのでおつまみになるものを一品作ります。

とんとんとんと詰めたのは、辛子入りの麦味噌。そうです、定番の辛子レンコンです。(笑)妹の旦那さんは、熊本出身。私の作るこのレンコンの辛さがその時々で微妙に違うと味わって食べてくれます。もしかしたら明日のは鼻にツ~ンとくる度合いが前回よりも増しているかもしれません。

三つ作ろうと思って昨日から干していましたが、肝心な粉辛子が足りませんでした。元日の夜中にスーパーに行くのもと思い、二つだけ詰めて足りない分は明日に回すことに。

 

新年、明けましておめでとうございます。

元日の日は、みなさんどのように過ごされましたか。風もなくとても暖かな年明けとなりましたね。

我が家は、午前中にうきはまで初詣に行った後、午後からはそれぞれが自由に過ごしました。私は娘を連れて鳥栖市内にある朝日山公園へ。少し前から気になっていたところだったので、手早く作れるマフィンを焼き、公園でティータイムを楽しむことにしました。想像以上に大きな丘陵地にある公園で中世まで山城の機能を成していたようです。階段を100段以上は上ったと思います。展望台があり、鳥栖市全景と久留米、筑後・佐賀平野を見渡すことが出来ました。この展望台の近くのベンチで娘とマフィンをほおばりながら景色を楽しんだり、ツワブキの綿毛で遊んだりしました。かすんでいなかったら耳納連山も見えたことでしょう。展望台の少し手前にはアスレチック広場もあり、娘も大満足のようでした。こんな見晴らしの良い大きな公園が鳥栖にあったとは全く知りませんでした。嬉しい発見です。

今回の公園行きの時も娘はどんぐりを5つ持って行きました。車で出かける時、最近はまた思い出したかのようにどんぐりを持ち歩くようになりました。行きの車の中で、

「あっこちゃん どんぐり5つもっとると。」

と何度も言いながら、手元のどんぐりを見つめていました。出先で会う人にしきりに見せたり、お土産にしたりしています。ある友人は、“どんぐり貯金”と言っていました。私たちが行くたびに彼女の家にはどんぐりが少しずつ増えているからです。

それにしても、このどんぐりのおかげで私たち親子に幸せがたくさん運ばれてきたように感じた昨年後半でした。今年も自分たちの手のひらで“しあわせのどんぐり”をひとつずつ拾っていこうと思います。

今年も私たちどんぐり親子と Autumn をどうぞよろしくお願いします。

Top