あったかねこちゃん

おはようございます。

数日前からようやく冷え込んできましたね。パソコンを打つ手もかじかんでいます。

先ほど娘を保育園に送りに行ったら、園児たちが元気よく遊んでいる暖かい部屋の中にみらいちゃん(保育園の猫)の姿がありました。部屋中とっても賑やかなのにみらいちゃんだけは目を細めてテーブルの上に静かに座っていました。雑音の中で一人瞑想しているようでした。保育園で飼われている猫だけあって園児たちの大きな声や物音には慣れているのでしょうね。環境は本当に大きいです。

我が家の猫は、みらいちゃんとは正反対で来客があったらすぐに静かな部屋に身を潜めます。姪っ子が来たときでさえも皆が居る台所や居間には出てきません。姪っ子は頻繁に遊びにくるのに。

そんな愛猫が今朝は私の布団に入ってきました。久しぶりに彼女なりに寒さを感じたのでしょうね。おかげで私の方も湯たんぽを足元に置いているように暖かかったです。

小学生の頃、クリスマスプレゼントで“あったかねこちゃん”というぬいぐるみをもらいました。それは、ベージュのトラ猫が寝ているぬいぐるみでおなかのところにホッカイロを入れられるのです。ホッカイロを入れて抱いて寝るとあったかだからそんな商品名が付いていたのでしょう。私はよくそのぬいぐるみを抱いて寝ていたものです。

現在は、本物のあったかねこちゃんが我が家には居てくれます。彼女も今年で10歳。神経質で誰にでもなつくタイプの猫ではありませんが、我が家にとっては大切な存在です。今年も一緒に頑張っていこう!

Top