京都・大阪の旅(3話)

21日、日曜日。関西の旅、第三話です。

京都と大阪は近いのですね!快速電車で30分程で大阪駅に着きました。今回の旅のきっかけを作ってくれた友人のひとり、洋佑君と待ち合わせです。彼は、私のお隣さんの息子さんなのです。大阪の帝国ホテルで働いています。彼のおかげで今回は千葉の友人親子と一緒に大阪帝国ホテルに滞在することとなりました。この日は洋佑君は仕事がお休みだということで一日、私たち親子の観光ガイドを務めてくれました。

電車とモノレールを乗り継いで万博記念公園に連れて行ってもらいました。ここはとっても広くて一日では遊びつくせないほどのところでした。最近新しくオープンしたというNIFRELという水族館兼屋内動物園に最初に入り、珍しい水中生物たちをじっくりと見て来ました。中でも印象に残っているのは、赤いエビです。臙脂色の赤と髭の部分の白、そのコントラストが鮮やかで美しかったです。

ここをひととおり満喫した後、万博記念公園へ移動。間近でみる太陽の塔は迫力がありました。背面の黒い太陽、とても印象的でした。

足こぎボートに乗ったり、ローラー滑り台で思いっきり遊んで娘はこれまでにないほど遊んだ一日になったと思います。帰りの電車は、洋佑君と交代で彼女をおんぶしながら大阪駅まで戻りました。

さて、いよいよ帝国ホテルに向かいます。想像以上に大きなホテルでした。部屋に着くと千葉の友人、えりちゃんと久しぶりの再会。そして今回は10か月になる息子さんも一緒です。えりちゃんに似て雪のように肌の白い男の子。かわいい!はじめまして!

今回は、えりちゃんの提案で大阪で会おう!ということになって決まった旅でした。彼女は東京で一緒に働いていた友人です。そして、この4月から仕事復帰することになっていてその前に一度ということで。お母さんになったえりちゃんを見ることができ本当に良かったです。相変わらず彼女はとっても細やかな気配りのできる素敵な大和撫子でした。

この日は、洋佑君と私たち親子で居酒屋さんに行きました。お疲れ様のビールでした。秋子は初めての居酒屋さんです。小さなお子さんをおぶった女将さんがいるお店だったこともあり娘も居心地が良かったようです。

本当にこの日は思いっきり遊びました。秋子はホテルの部屋のベットに入るとすぐに眠りに落ちました。

部屋から見える大阪の街の夜景が綺麗でした。つづく。

Top