おにぎりの日、再開

おはようございます。

保育園に娘を送ってきたところです。卒園を間近に控えている年長組さんたちがいつもより早い登園のようです。卒園式に向けての様々な準備やころころ保育園ならではの運動会風卒園式の練習があるのでしょう。保護者の方も昨年末からずっと毎週のように卒園式の何かの発表のための練習をされているとか。どんな卒園式になるのでしょうね。

3月に入り、ころころ保育園では毎週金曜日のおにぎりの日が再開されました。12月からの冬の間はさすがに寒いので基本は園で過ごすという時期だったのです。普段は午前中に出かけて園で給食をとるという動きなのですが、おにぎりの日が始まると金曜日だけはおにぎりを持ってお昼ごはんの後もお外で過ごすのです。つまり、たっぷりと外遊びが楽しめる日なのです。今日は小郡の城山公園に行くようです。久しぶりにネコバスの出番ですね。(ネコバスはころころ保育園の外出用バスです。)

服装も今月から動きやすい服装に!ということで半袖・半ズボン・草履、そして寒い時はベストで体温調節することになりました。コートやジャケット、長袖、靴下などは基本的に禁止だそうです。

先ほど、でんでんむし組の担任の保育士さん、あやさんが大きなバックパックにクラス全員分の着替えを数枚ずつ重ねて荷造りをされていました。みんなの、のびのびとした遊びの時間はこうした保育士さんたちの入念な準備のおかげで実現するのだと改めて感じました。本当にいつもありがとうございます。

園を出るときに猫のみらいちゃんが入り口のサイドテーブルの上に座っていました。梅の花の横に(笑)。三つ指突いてまっすぐ前を向いて。

“あきちゃんは預かったよ。さあ、今日も元気に仕事してきな。”

そんな風に言っているように見えました。

Top