茶摘み

こんばんは。

今夜は天ぷらを揚げました。お茶の葉とユキノシタをたっぷり揚げて他にも季節の野菜たちも一緒に。昼間に娘とお茶摘みに参加してきたからです。摘み取ったばかりの柔らかい葉をさっと揚げる。

妹が遊びに来ていたので揚げながら、娘と三人で味見と言いながらずっと食べていました(笑)。お茶の葉の天ぷらは初めて。どんな味がするのだろうと興味津々。口に含んだ瞬間にお茶の香りが広がりその苦味がしっかりと感じられました。干したお茶の葉をふりかけにしてもきっとおいしいだろうと思います。

今回の茶摘は、ころころ保育園のあるお母さんがコーディネートして下さって基山のお茶農家さんの茶畑での季節行事です。20年くらい続いているそう。お茶の葉の天ぷら同様、お茶摘みも今日が初めて。

新芽の二葉位を手で摘み取り、それを釜炒りします。その後にむしろの上で揉んで天日干しするという工程。娘は最初は摘んでいましたが、すぐに茶畑で他の子とかくれんぼや探検を始めたりしていつの間にか一人黙々と茶葉を摘んでいました。お日様のした、鳥たちのさえずりを聞きながら手を動かす。新芽の部分は、とても柔らかくさっと摘めるのです。時折茶葉の下からアマガエルが「こんにちは。」と姿を現してくれ一人で摘んでいることを忘れていました。

摘み取りから茶葉を干す工程を2回。おそらく3~4時間位かかっているはずです。たくさん摘んだと思っていてもドラム缶の上の鍋に入れて炒ると小さくなります。さらには、揉んでもっと小さく。こんなに手間と時間がかかっているのに出来上がりの量は、少ない。だけど、こんなにじっくりとお茶を作る工程に集中して取り組むことができた時間は貴重な経験になったと思います。これを飲んだ時、今日の茶摘の思い出がよみがえってくるに違いありません。今からとても楽しみです。

炒る時は、少々煙たかったのですが、茶葉をかき混ぜながらお茶の香ばしい香りがふわっと立ち上がった瞬間がありました。これは、香りの記憶として私の中にずっと残っていくような気がしています。

Top