みらいちゃんへ

みらいちゃんへ

はじめて てがみをかきます。

ほいくえんの でんでんむしぐみのあきこです。
おげんきですか。

わたしはさっき みらいちゃんにあってげんきになりました。

きょうはほいくえんにいくのがいやだったけど、
みらいちゃんが おはようっていってくれたから うれしくなりました。
だから やっぱりほいくえんにいくことにします。
ままに ばいばいができました。

きょうはねこばすにのってどこにいくのかなあ。

あとで でんでんむしのおへやにきてください。
どんぐりのおみやげがあります。
わたしのおうちはどんぐりやさんをしています。
だからたくさんあるんです。
りゅっくにいれているから ないしょですよ。

それと こんどわたしのうちにあそびにきてください。
ぱめらというなまえのねこがいるんです。
おともだちになりたいっていっています。

みんなでどんぐりのくっきーをたべましょうね。

では さようなら。

あきこ


さっき娘を保育園に送ってきたところです。入り口のところでみらいちゃんに会いました。保育園で飼われているグレーと白のソックス模様の猫です。朝日を背にしてまぶしそうに目を細めて座っていました。そこにいるだけで周りを和ませてくれるようなどっしりと構えている猫です。

今朝は家を出るときに娘がぐずぐずと言って車に乗るのに時間がかかりました。けれどもありがたいことに車の側に置いていたどんぐりを目にした途端にすんなりと車に乗ってくれたのです。かごにたくさん入れていた山のようなどんぐり。ここに置いておいて良かった~。

この朝のちょっとしたひとコマを基に娘になりすまして手紙を書いてみました。こんな物語を考えるのってとても楽しいです。

さて、10月も残りわずかとなりましたね。昨日の雨の後から気温がぐっと下がってきました。みなさんお身体大切になさってください。

Top