それぞれの道

先日、鳥栖市の三歳児健診に娘を連れて行きました。
身長を測ってもらったところ101.4センチでした。これは生まれた時の身長のほぼ二倍です。三年と7ヶ月でこんなに大きくなるのですね。
彼女の成長ぶりは体の変化だけではないですね。もちろん。自分でトイレに行けて、ご飯が食べられて、ママの大切な話し相手になってくれているのですから。
最近は家事を手伝ってくれることもあり、昨日からお風呂掃除を頼むことにしました。初日は履いていたスカートが濡れてしまったので、今日は下着だけの身軽な姿で張り切ってお風呂の浴槽を磨いてくれていました。私が普段は磨かない窓の下辺りも丁寧に磨いてくれました。
じっとしていることのない娘なので何か仕事を与えると目の輝きが増してとてもうれしそうです。彼女がやりたいと思っている仕事はできるだけ彼女にお願いするように親の方も工夫して見守ってあげることが大切なのだろうと思います。ママがやっている仕事を自分ができたらそれは彼女にとって大きな喜びになるのでしょうね。
ママのお手伝いができた!彼女は純粋にそう感じて体全体を使って一生懸命に取り組むのですから。彼女の中で達成感が得られて自信にも繋がると思います。今度は何をお願いしようかと考えているところです。

さて、三歳児健診の話に戻ります。健診前に記入しておかなければならない問診票がありました。その中に目の検査も含まれており、同封されていた視力の指標となるあのCのカードを使って見え方の検査をしたのです。その時、私の母の久しぶりに生き生きとした表情を見ることができました。
私の母は長年、小学校と中学校の養護教諭をしていました。昨年に退職し現在は専業主婦です。30年以上、外で働きながら家事をこなす忙しい日々でしたが、彼女を支えていたのはきっと仕事における大きなやりがいだったと思います。
家事に専念し家の中で大半の時間を過ごす今の生活リズムに母は違和感を感じているようです。
そんな彼女が孫娘の視力検査をしてあげている時は、とてもうれしそうで表情が生き生きと輝いていました。学校での健康診断は母の仕事の中で毎年恒例の一大イベントだったのですから。仕事をしている時の母を見たことはほとんどありませんでしたが、きっと私が想像しているよりもずっと楽しんで働いていたに違いないとこの時感じたのです。

家族それぞれの状況はこの一年で大きく変化しました。

私たち家族を支えてくれている母の存在はとても大きく、彼女がこれからの今を楽しんでいかれるように私たち家族も考えていかなければならないと思っています。

Top