心のゆとり

朝から風がとても強く吹いています。午前中のレッスンの生徒さんが帰られた後くらいから雨が降り始めました。

今日は久しぶりにゆっくりとブログを書いています。数日前に焼いた米粉のパウンドケーキとコーヒーでティータイムを楽しみながら。
レモンバターを少し入れて作ってみたので香りがほんのりとレモンでなかなか美味しいです。

我が家の玄関はこの風を避けるために切ったハーブの花やいただき物のお花たちで賑やかです。大きな花瓶に全部まとめて活けています。
昨年の秋に植えたベルガモットの花の蕾が膨らんでおり一気に赤い色が出てきました。どんなお花が咲くのか楽しみです。
このベルガモットの苗もボアさんで購入したものです。このお花やさんで売られている切り花、鉢植え、そして苗物の全てが本当にどれも個性的なものたちばかり。咲くタイミングや成長のスピードもなんとなくですが、独自のリズムを持っているものが多いような気がします。切り花でさえもこちらが咲かないかなと諦め始めていたりすると突然咲いたり、花開いてみると意外な色や形をしていたりと変化を楽しめるのです。咲いた時は店主のさちこさんの素敵な笑顔が浮かびます。

お花やさんに一歩入ると、そこにはとても深遠な世界が広がっています。夜の10時まで開いているそうですから気になる方はぜひゆっくりとした時間に行かれてみてください。

さて、昨日図書館である本を借りてきました。
『おこりんぼママ』(ユッタ バウアー作、 小森香折訳:小学館)
ペンギンの親子のお話です。出だしがとても印象的。
“きょう、 ママが、ものすごく どなった。”
この文章から始まります。ペンギンママの怒鳴り方が激しすぎて主人公の“ぼく”は体がバラバラになって飛んで行くのです。
なんだかこのひと月くらいの自分と娘の状況のことをそのまま言い当てられているような気持ちになりました。

自虐的になって娘にこの本のことを話すと、目をキラキラと輝かせながら
「『おこりんぼママ』よんで よんで!」と、とても反応が良かったです。彼女の笑顔に少し複雑な気持ちになりました。

娘の中ではすっかり
ママ=おこりんぼ のイメージが出来上がってしまったのでしょう。

大きな声を出してもひとつも良いことなんてないです。本当にね。

学び多きこのひと月あまりの日々でした。
心にゆとりをもって暮らしていくことの大切さをしみじみと感じました。

あきちゃん、ごめんなさい。

Top