どんぐり

窓を開けて鈴虫の鳴き声を聞きながらパソコンが開けるようになりました。
先ほど時計を見たら夕方の7時。外はすっかり暗くなっていました。日が暮れるのが早くなりましたね。

数日前のことです。洗濯をしてこれから干そうと洗濯物たちをかごに入れていたらカランと音がしました。
洗濯機の中をのぞいてみると...そう、どんぐりでした。娘が保育園のお散歩中に拾ったもののようです。ポケットに入れたまま忘れていたのでしょう。まだ緑色をしている若い実でした。
今季拾った初めての若いどんぐりに出会うことができて一気に心は秋色になりました。
もう少しストックが増えたら、あきちゃんのどんぐり屋さんが今年も始まります。どんぐり親子の季節がやってきます。
今日も近所の公園でどんぐりが落ちていたのを見つけたので早速拾って持ち帰ってきました。
「ママ、なくさんでちゃんとポケットに入れとってよ!」
彼女はどんな気持ちでどんぐりを拾っていたのでしょうか。

どんぐりを見た途端に彼女の表情が変わったのがはっきりとわかりました。
「これは私の特別な実なんだ。」と言わんばかりの真剣なまなざし。
今年も色々な場所で沢山のどんぐりを拾って素敵な出会いがありますように☆

Top