栗日和

昨日は栗日和でした。
うきはの友人の家、二軒にお邪魔してそれぞれに栗のお菓子を出していただきました。
どちらも丹精込めて作られた手作りのものでとてもおいしかったです。最初にお邪魔した友人の家では、米粉蒸しパンのモンブランでした。
この友人とは先週一緒に阿蘇の小国に行って栗をたくさんもらい、それぞれ家に持ち帰って栗料理を楽しんだのです。私はモンブランを作りたいと言って話していたのですが、レシピを見て怖気づいて諦めていたところ彼女が難なくささっと作っていて出してくれたのです。さすがですね!料理やお菓子作りの熟練のなせる技です。彼女の作ってくれるお菓子は特に忙しい普段の暮らしの中でも作りやすいように、そして体に負担が少ないものをと考えられたものばかりでいつも教わることが多いのです。彼女のモンブランはとても甘さ控えめで食べていると穏やかな気持ちになれます。
私の方はというと結局、モンブランをやめにして(笑)栗の蒸しパンを作りました。これが今の自分にちょうどよい具合です。茹で栗を贅沢に生地に混ぜ込んで一気に蒸し上げました。まあ、よしとしましょう。
二軒目の友人は、私の書道の先生で私が幼稚園からのお付き合いです。80歳近いのに今も変わらず吉井町でお教室をされているのです。この方のお料理も群を抜く美味しさです。先生の毎年恒例の秋菓子、栗の渋皮煮それに栗おこわまでたくさん準備して下さっていて約一年半ぶりの再会となりました。
娘がとても気に入って保育園のお弁当のご飯にも入れて行きました。給食の時間にんまりとしながら食べていたことでしょうね。
私自身、書道はもう習っていませんが、今でもこうして先生とたまに会っておしゃべりができるのでとてもうれしいです。自分の文字の原点はこの教室と先生にあるのだなと改めて感じました。時代が変化しても先生の教室にはゆっくりとした時の流れと小さくても決して消えることのない灯りがちゃんといつも灯されている。Autumn もそんな教室であり続けたいと思います。
お二人ともごちそうさまでした。

Top