A Pot of Sea Bream Rice

こんばんは。夕食に一膳と半分、鯛飯を食べてあきちゃんは寝ました。
一日中昼寝もせずに外で思いっきり遊んだので疲れたのでしょう。

さて、掲題の英訳について。
お鍋一杯の鯛飯という感じでしょうか。土日は私が夕飯当番なのでスーパーに買い物に行ったところ天然の鯛が一匹だけお手頃価格でお魚コーナーに並んでいました。
「そうだ。この鯛を使って今夜は鯛飯を作ろう!」
大きな土鍋をクローゼットから引っ張り出してきて多めに作ることにし4合の洗ったお米の上に鯛を丸ごと一匹入れて一気に炊き上げました。
その美味しかったこと。鯛と土鍋が活躍してくれて幸せな夕飯の時間に。やっぱり食欲の秋ですね。今夜は格別に箸がすすんでしまいました。

またまた話は英語のことに戻ります。土曜日の生徒さんM子さんと最近細かい文法事項のお勉強をしています。名詞のことについての章なので細かい決まりごとが色々とあり...。
その中で、数えられる名詞(加算名詞)と数えられない名詞(不可算名詞)についてどのようなものがあるのか。また、数えられない名詞の量が増えたときはどのように表現したらよいのかなどについてレッスンでお勉強しているところです。例えば、rice (ご飯)は、数えられない名詞の部類に入ります。お米ひとつ、ふたつとは数えられないのです。だから、お米を買いに行ってきます。という例文があったら、
I’m going to get some rice.
のようにrice の前にsome を付ける必要があるのです。
では、この不可算名詞のrice 具体的にどのくらいの量かを言いたいときは、次のように表現します。
a bag of rice (お米一袋)、two bags of rice (お米二袋)
rice のところは量が増えても変化できず、その前の単位のところ a bag of のところを複数形に変化させて量を調節します。
ここまで来れば掲題の意味もより分かりやすくなるのではないでしょうか。

Top