力こぶの金剛水

ここ数週間父がうきはから水を汲んできてくれていたので我が家の飲み水は十分にありました。けれどもそれらがなくなってきてしまい、また新たに飲料水を補給しに行くことにしました。そう、久しぶりに神崎の仁比山神社です。この神社の金剛水の場所は、梅雨入り前位に見つけてそれ以来月に2~3回位汲みに行くようになりました。今ではすっかりお気に入りの場所になっています。レッスンの隙間時間にドライブがてら行って生活用水を補給させてもらっているのです。
神社は佐賀の紅葉狩りの名勝として有名な九年庵に隣接していて二週間後は年に一週間だけの一般公開の期間にあたります。普段はとても静かな神社なのですが、その頃は大勢の人で賑わうようです。このいつもの静けさしかしらないので想像できませんが。
12リットルの容器にたっぷりとお水を入れて40段ほどの石段を降りて駐車場の所へと向かいます。これを3往復。以前は、12リットルの容器を1つ運ぶのにところどころ休みながらゆっくりとしか運べませんでしたが、今では2つの容器を両手で持って休むこともなく車まで一気に運ぶことができるようになりました。なんだか筋力トレーニングでもしているかのようです(笑)。今日は最速記録を更新できたと思います。
水を汲む場所には様々な表情、そして大きさのお猿さんたちが祀られていてタンクにお水を入れている間これらのお猿さまたちにお水をたくさんかけるのです。このお猿さまたちに会うとほっとできます。
時間がある時は、水を汲み終わった後、境内の古池の前に座って美味しい空気を吸って帰ります。苔むした大木たちとの時間が最高の贅沢です。コーヒーを淹れて持って行き、石のベンチに座ってここで飲むこともありますし、本当に寛げる場所なんです。
また1週間この金剛水をありがたく頂戴したいと思います。いただきます。

Top