住みたい場所

この前の日曜日、映画『ハイジ~アルプスの物語~』を観てきました。週末は日本語吹き替え版が上映されているということで娘と一緒に観て楽しめた作品でした。
私自身は原作を読んだことはなく、子どもの頃に見ていたテレビアニメ『アルプスの少女ハイジ』のイメージが強かったのですが、今回観た映画は実写版だったこともあってアルプスの景色の壮大さ、そして物語の筋が鮮明にわかりやすく心に入ってきました。娘はアニメの存在はまだ知らないので、アニメを見せるより前に原作を一緒に読んでみようと思っています。(娘は、4歳の頃から少しずつ文字だけの絵本を読んであげると楽しめるようになってきています。)

それにしても、人によって暮らすのにぴったりの場所は違うのだなと改めて感じたところでした。
毎日目にする景色、その土地の匂い、そして地域の人たち、それから水。
まだここに越してきてふた月と経っていませんが、毎日の暮らしの中で顔を合わせることの増えたご近所さんたちや地域の人たちがとてもありがたい存在のように思えてつい「ありがとう。」と言って手を合わせたくなります。本当に不思議な感覚になることが多くなりました。

先ほどからずっと降り続いていた雨がようやく上がりました。我が家の目の前に広がる土器山(かわらけやま)が頂上までその姿を現してくれています。

Top