絵本の会レポート

こんばんは。

先日の絵本の会が無事に終了いたしました。ご参加くださった5名の方、会場作りにご協力いただいたボアさん、そして今回のチラシを置いてくださった方々本当にありがとうございました。

普段Autumn は、マンツーマンでのレッスンなので今回のようなグループでの会は初めてとなりました。最初は少々緊張もしましたが、うきはから友人が来てくれ場を和ませてくれたのであっという間に打ち解けた愉快な会となりました。
その上、自主的におやつセットを持って来てくださった参加者の方たちのおかげでお茶菓子が一気に華やいで賑やかになりました。私の方では久しぶりにオートミールクッキーを焼いて本日のテキストのお供とさせていただきました。

予定では、参加者の方にもテキストの朗読を披露してもらう計画でしたが、その一歩手前の英語の発音トレーニング用に準備したTongue Twisters (早口言葉)を大笑いしながら練習して皆さんの朗読は次回の目標となりました。ぜひ、これを機会に英語を黙って眺めるだけではなく、声に出して読むことの楽しさを味わっていただけるよう今後もトレーニングを続けていただければと願っています。

Into the Forest のテキストの解釈については幾通りにも解釈できる大人も楽しめるストーリーだと改めて感じました。ある参加者の方が、物語の冒頭から主人公の“お父さん”が行方不明だという設定になっているが、これは“お母さん”が最初から“お父さん”、そして森の奥に住む“おばあちゃん”と一緒に仕掛けた演技ではないのだろうかと言われて…なるほど、そう考えると本当にこのお話はBrowne の不思議でユーモアのある世界に読者が最初から巻き込まれてしまうのかもしれませんね。
このように様々な解釈ができるのも複数で行う良さだと感じました。

時間はあっという間に過ぎていきまた来春頃にこの続きの会ができたらと皆さんで話したところです。

今回のテキストをもう一度読み返して朗読の練習用にテキストの和訳と私の朗読を録音したCDが欲しいとのリクエストがありましたので追って準備したいと思います。しばらくお待ちくださいね。

今回の絵本の朗読練習は近所の市民公園にある私が“森”と呼んでいる場所で行いました。練習を始めた時は、そこに立ち並んでいる木々の葉っぱたちは黄色と赤、そして緑が少し残っている状態でしたがそれが徐々に黄色と赤の二色になっていきそれらが地面に落ちていくという変化を観察することができました。落ち葉が増えて地面が厚みを増していくとその上に並んでいる木々は裸に近い状態になっていきます。地面が膨らみを増すのと同時に自分自身の気持ちもどっしりと落ち着いていくような気がしました。
日々せわしなく過ぎていく日常の中にも自分自身が帰っていける場所を持つことの大切さも絵本の朗読練習をしながら感じたことです。それは、自分自身の心の中に“森”を見つけるということなのだと思います。

 

Top