稲尾教彦詩集

月はまあるくなり 時はついに満ちたり

こんばんは。
先ほど家庭教師から帰る時、満月が東の空にはっきりと姿を現しているのが印象的でした。
そういえば久しく月を愛でることを忘れていたような気がします。

さて、今夜は稲尾教彦さんの詩集についてのお知らせです。
この度Autumn で稲尾さんの詩集を2冊取り扱わせていただくことになりました。

稲尾さんは私の手紙友達であり、日々の暮らしの中から感じ取ったもの、これらの機微をひとつずつ丁寧に言語化していくことの幸せを教えてくれる大切な師でもあります。
現在は北海道伊達市にあるシュタイナー学校で自然農・バイオダイナミック農法を実践されながら言語造形による演劇指導をなさっています。また、菓子美呆の屋号でビーガンスイーツの販売もされている方です。詳しくは、稲尾さんの菓子美呆のホームページをご覧ください。以下アドレスです。
https://kashimihou.jimdo.com
もともと私の場合は、お菓子が最初でその後に詩集との出会いがありました。
今でもあのビスケットを食べた瞬間のことは鮮明に記憶に残っています。確か1袋に4つくらいビスケットが入っていたと思いますが、一つ食べてもうすっかり気持ちが満たされて残りはまた別の時に誰かに食べてもらおうと思いました。自分だけでこのビスケットを食べてしまうのは本当にもったいないと感じたのです。現在も変わらずにあの焼き菓子たちが稲尾さんの手によって作られています。

さて、話は詩集に戻ります。
稲尾さんのことばが教えてくれるものは、一言で表すと“美しいと感じる心”なのです。
人によって言語の表現方法は様々でしょうが、稲尾さんの詩のことばはどれもが生きている証であり、今を生きることの豊かさを教えてくれます。

Autumn では、以下の2冊を置かせてもらうことにしました。
1冊目は、『涙の歌』です。こちらは稲尾さんが20代前半の頃に重い病を患った時に書かれた作品です。短編詩から長編詩まで併せて全部で52編の作品が綴られています。
清水美紅さんの透明感のあるイラストが稲尾さんの繊細な言葉の世界に彩りを加えています。

2冊目は、『夕立と群青』という作品。こちらは昨年の夏に完成した詩集です。
とても温かみのある作品で稲尾さんの家族や友人、日常の生活が浮かび上がってくるようです。

どちらもひとり静かな心の時に読みたい詩集です。
読んでみたい方はAutumn までご連絡ください。

稲尾さんだったら、今夜の月をどんな風に感じて言葉にされるのでしょうね。

Top