春に向けて

先日、うきはの友人たちが球根の買い物に行ったそうだ。この話を聞いた時「来春に向けての球根植えの準備のことかな?秋から準備かあ。そうか、もうそんな季節か。」そう思った。
冬の間土の中で過ごす球根たちは寒い冬が来る前に土の中に入って春の準備を始めていなければならない。だから決して早くはないのだ。なるほど。
一人でしみじみと納得していたら仕事のことで一つの考えが頭に浮かんだ。
Autumn、3年目は佐賀市内でも教室を始めてみてはどうか。
そう思ったらある方の顔が浮かんだ。Mr. Kumashiro…
そう、神代さん。
「そうだ、神代さんに相談してみよう。」
久しぶりにお会いしたい気持ちもあってすぐに神代さんに電話をかけた。
この神代さんというのは佐賀市内にある老舗の眼鏡屋さんで昨年、創業150年を迎えられた。お店は佐賀駅から南に向かって通っている並木通り沿いに在っていつもご主人とお母さん、そして奥さんが温かく出迎えてくださる。佐賀市内に行ったら立ち寄りたくなる場所だ。
市内で教室ができる場所……今日は、奥さんとお母さんも眼鏡を拭きながら一緒に考えて下さった。色々な場所をいくつも挙げてもらったが、今日はご主人のお薦めの同じ並木通り沿いに在るFINDER さんというお店に案内してもらうことになった。この場所は写真好きの人が集まる場所で店内で珈琲も飲めるようになっている。
沢山の年代物のカメラを眺めながら、神代さん、FINDER のご主人と三人での座談会はとても楽しかった。日常のひとコマとしてひと息つける時間だった。FINDER のご主人平片さんは会話の間が心地良い人だった。
そして佐賀教室の話。なんとFINDER さんのスペースでAutumn のレッスンをさせてもらえることになった。具体的な話はこれからひとつずつ決めていかれたらと思っている。
来春に向けて、そしてこれからのAutumn にむけての種まき。神代さんと一緒に球根を植えたような気持ちになった。
FINDER さんから見た佐賀の街はいつもと変わらず動いていた。9月29日佐賀市快晴

追伸:神代さん、平片さん、ありがとうございました。

Top