高菜漬と桜のスコーン

やはり丹精込めて手作りされたものの良さは口にした時の満足感が違う。
昨年から富士町で無農薬野菜を栽培されている才津さんの野菜を買っている。脊振に工房がある陶芸家さんの旦那さんだからだ。この陶芸家さんからはたまにヨガを伝授してもらうこともありお世話になっている。そんな気心知れた人から日々の野菜を分けてもらえるのは本当にうれしい。毎回値段だけを決めて定期便のメニューはお任せにしている。おまけで季節のお野菜が入っていると食べるのがよりいっそう楽しみになる。
先月から旦那さんが自家用に作られている高菜の新漬を分けてもらっているがこれが本当に美味しいのである。歯ごたえと塩加減が絶妙なのだ。子どもの頃に祖母が庭で畑から採って来た高菜を塩もみして大きな樽にいくつも漬けていたから高菜には特別な思い入れがあるのだと思う。才津さんの高菜漬は祖母のものよりもきりっとひきしまっており北国の漁師を連想するような味だ。お昼のお弁当に入れて持って行っている。

昨日は、脊振のお菓子屋さん、のがりさん親子が初めて我が家に遊びに来て下さった。娘さんのYちゃんからお誘いを受けたからだ。あきちゃんとYちゃんは保育園の頃からのクラスメイトで小学校でも同じクラスになる。(1組しかないからである。)明朗活発なあきちゃんからするとこのYちゃんがどうも可愛くて仕方のない存在のようだ。自分にはない静かでおっとりとした雰囲気が魅力に感じて不思議と彼女と居る時はあきちゃんまでいつになくしおらしくなるのだ。それがまた可笑しくて愉快なのである。
桜が少し残っている仁比山公園でお弁当を食べた後、我が家でお茶の時間を楽しんだ。のがりさんお手製の桜のスコーンとチョコバナナスコーンはふんわりと優しい味で久しぶりに気持ちがほぐれた。Yちゃんが小麦粉と卵が食べられないので米粉とその他の素材をうまく混ぜ合わせて作られている。
平日も木曜日・金曜日はお店が開いているそうなのでそのうちふらっと行ってみたいものだ。

脊振の人たちの手仕事に刺激を受けて私も久しぶりにマフィンを焼いてみた。リクエストのあったバナナマフィンを。あきちゃんの学童のおやつにいいんじゃないか!

いつもと違う風景

「終点までお願いします。」
7時19分。私はバスの運転手さんに一言伝えて娘を見送った。
最寄りのバス停から終点まで10分ほど。娘はこれから毎日路線バスに揺られて山に上がって行く。私と2年余りを車で通った道。川沿いの狭い1本道。数日前から眼鏡橋の辺りから桜は散っており新緑が息をのむほどに美しい。
彼女にとってバスで通るのは慣れ親しんだ道で馴染みのある風景であろうが、バスの車内に座って眺めるとそれらはまた違って見えるのではないか。いずれにしても一人でバスに乗って脊振まで上がって行くことを心待ちにしていた娘にとっては人生初の大冒険となったにちがいない。一人でちょこんと座って満面の笑みを浮かべながら私に手を振ってくれた。
朝の送迎をバスの運転手さんにお願いできるのは日々の大仕事の負担が軽くなりとても有難いことである。
しかも、子どもがほとんどいない地区にもかかわらずバス停の近くに区長さんの奥さんが見守り隊で毎朝立って下さっている。とても心強い。子どもの成長と共に地域の繋がりをより強く意識するようになってきた。
ああ、それにしても、何かこう一大任務をひとつやり遂げたような達成感があり私はバス停からの帰り道傘をさして空に向かっているようだった。
明日はいよいよ入学式。

詩:如月

昼下がりのホウレン草

今夜は何を食べようか
調理台の上にホウレン草を見つける
午後二時半

食材の変化を愛でながらゆっくりと台所に立てるのは
うれしい

鍋にたっぷりのお湯を沸かしてホウレン草を茹でる
さっと茹でて冷水に浸す
ほんのひと時だが ホウレン草は冷たく澄んだ水の中で瞑想する
緑は艶やか 深みを増す

私はお湯だけが残った鍋を眺めている
柔らかく湯気が立ち上がり
ホウレン草の息づかいが 微かに残っている

萌黄色

野菜の湯浴みはいつまで眺めていても飽きることはなく
時を忘れる

茹で汁は澄んでいて 萌黄色の小さな浴槽はそのまま残っている

読書録:川端康成『山の音』

春の水
いつものように湯舟に浸かりながら読書を楽しむ。
気付けば額から頬へと汗が伝っている。湯温はだいぶ下がっていたが寒さは感じなかった。
昨秋から読み始めた川端康成の『山の音』を読み終えた。しばらく静かに物語の余韻に浸っていたくなった。
寝間着を着て風呂場の窓を開けたら雨の音がしていた。まだ降り始めたばかりなのだろう。
窓から手を出せばすぐのところで雨に届くはずなのにもっとずっと遠くの方から聞こえてくるような控えめな音。辺りの空気を優しく包み込む雨。
窓を開けても寒いとは感じなかった。
水が飲みたい。
夕方に神社で汲んで来た水を湯呑みに注いで喉を潤した。私はとても喉が渇いていた。
ひんやりと新鮮な水が体じゅうに染みわたっていった。
近いのに遠くから聞こえてくるような雨音と山の水が私の中で共鳴し合い一瞬で溶け合った。
水が春を告げていた。

英単語の学び方:Searching for words full of joy

みなさん、こんにちは。

久しぶりにジャーナルを書いています。風は冷たくても春の香りが柔らかく溶け込んだ空気が愛おしいです。
菜の花やナズナなど娘の摘みとってくる季節のブーケは旬そのもの。季節を愛でながら、その時々の気持ちを大切にしながらAutumn のレッスンは続きます。

さて、今日はAutumn 流の英単語の増やし方について書きます。
先日ある生徒さんから英単語の効果的な覚え方について尋ねられました。
これは英語学習者にとっては最重要テーマですね!
しかも、日常会話で活かすことのできる単語をどのように覚えていけば良いのか。
人それぞれ英単語の覚え方はやり方が異なると思いますが、大人の学習者で楽しく覚えていきたいという方には、以下のような方法をお奨めします。

それぞれの単語が使われている対話文の中で覚える。
準備されている状況と役柄になりきって繰り返し発声しながら練習します。
それぞれの単語は文脈の中で生きた言葉として使われていることを意識してみてください。
そして、その登場人物になりきるのです。英語の文章をイントネーションと共に声に出す。
英語の発音・リズムの練習にもなりますよ。それぞれの文章がリズミカルに自然と口に出せるまで繰り返し練習してみましょう。
この方法だと日本に居て普段英語を使うことのない人でも予め準備された文脈の中で無理なく英単語を覚えていくことができます。ただし、練習は必要ですよ!そこはみなさんの努力にかかっています。「楽して速く!」はありません。

一番身近な教材としてNHKラジオの語学講座がお奨めです。レベル別に様々な講座が準備されています。いくつかの番組を試聴してみましょう。それぞれの講師と番組内容はあなた好みでお選びください。個人的には、中級者レベルの学習者には、遠山顕の英会話学習という番組をお奨めしています。Autumn でも教材はお貸しすることができます。ご相談くださいね。

それから、こちらは少し時間がかかりますが、
映画を観る機会を増やしていきましょう。
1本の映画を観ることで旅行をしているような疑似体験ができます。自分の好きな作品のストーリーに浸りながら英語のインプットを増やしていけたら理想的ですね。個人的に佐賀県に住み始めて映画を観に行く機会が増えました。佐賀市のシアターシエマさんで観た作品の中でもう一度観たいと思った作品・生徒さんと共有したい作品は教室用DVDとしてAutumn 文庫に準備しています。昨年は、『ミス・シェパードをお手本に』、今年は『しあわせの絵の具~愛を描く人 モード・ルイス』を選びました。作品の理解を深めてもらうプリントも準備していますので、興味のある方は声をかけて下さい。

ことばは、その時の気持ちと結びついて命が吹き込まれていきます。少し大げさな表現かもしれませんが、英語を使うときもできるだけ母国語で感じる気持ちに近い文章・単語が使えるようになっていけたらきっと楽しく遣り甲斐のある学びだと信じてやみません。
楽しい気持ちで学び続けていかれるAutumn としてこれからも歩み続けていかれたらと思っています。
みなさん、どうぞよろしくお願いします。

睦月の詩

わたしたちのうち

おちこんだ おちこんだ
ママが おちこんだ

わたしのママはおちこむことがある

ママだけにみえるあながあって ママはひとりでそこに入っていく
わたしに 何も言わないで ひとりで すっと入っていく

わたしがママに話しかけても ママは そうだね としか言わない
そして 遠くの木を見ている

木の向こうには からからに乾いた草っぱらが広がっていて
すすきが右と左にゆっくりと揺れている

ママもすすきと同じ動きをして 少し体を揺らしている

深呼吸なのか ため息なのか わからないけれど
ママは 大きく息を吐く

ママが入りこんでいるあながわたしに見えるなら
わたしは ママをあなからひっぱって
助けてあげられるのに

でも わたしには ママがおちこんでいるあなが見えない

だから わたしは ママの横で
スケッチブックを開く

ママとわたしのうちを描く
台所と寝る部屋と ねこが昼寝をする部屋を描く
やかんを置いたストーブも描く

玄関のところにはお花が咲いていて ママの車が停まっている
山を描いて その上には鳥が飛んでいる
空にはおひさまがいて ママとわたしのうちを照らしている

ここが ママとわたしのおうち

ママは帰ってくる
きっと 笑って ここに帰ってくる

Top