Do we have to learn English?

一通り夜の台所仕事を終えてパソコンを開いたところです。
今日は朝から母が出かけているので私が台所を任されています。朝起きて早々台所の流しの上に何やらメモが貼られていました。
赤い文字で
“ワカメ ネギ キャベツ”と書いてあり、ネギとキャベツに関しては“カット”と隣に大きく書かれてありました。“ネギ”の文字の上には青い二重線が引かれています。
この不思議なメモ、我が家では日ごろ当たり前に見るものなのですが、この記事を初めて読まれている方のために説明を加えておきます。
これは、私の父が書いたもの。父は毎朝、そして毎食後に食べるものをきっちりと決めています。メモに書いてある“ワカメ、ネギ”は、味噌汁用。キャベツは朝食のサラダ用。こちらは千切りです。だから“カット”と説明が加えられているのです。“ネギ”の上の二重線は、“済みました”を意味します。母が出かける前にネギのみじん切りは済ませてくれたのでしょう。
その日の台所を任されたものは、皿洗いや炊飯以外にもこの父の要望書対応の責任を負わなければなりません。
明日のお米を研いでよし終わったぞと思ったらこのメモが私を呼んでいました。
「おぬし、味噌汁用のワカメを忘れておるぞ。」
このメモ、しっかり仕事をしていますね。感心してしまいました。
それにしても、ワカメを容器に入れながらその切り方が乱雑だなあと思いました。けれども任務が全て終わることの喜びの方が大きく仕事の完成度の低さはあまり気にしていません。
そんな自分の父の要望書に対しての対応というか取り組み方というか、それにしっかりと心を込めていない自分の気持ち、これについて考えてみました。
明日の朝までに味噌汁用のワカメを準備していなければならない。ワカメを水に浸して洗って切る。この一連の動作一つのことかもしれませんが、自分でやろうと決めてやるのと“こうしなさい!こうしなければならない!”そんな風に誰かにさせられている気持ちになると楽しい気持ちはなくなってしまいますよね。当たり前ですが。
実は、昨日のレッスン中に
“Do we have to learn English?”(わたしたちは英語を勉強しなければなりませんか。)という質問が教科書の問題に出てきたので生徒さんとこのことについて話してみました。have to ~ というのはおなじみの助動詞で動詞の前にこのhave to をくっつけると「~しなければならない」というニュアンスが加わります。英語を学ぶ理由は人それぞれかもしれません。資格取得やビジネスで使用する人などは、確かにhave to learn English. というのかもしれません。また話は私の父の要望書に戻りますが(笑)、私のようにワカメの準備をしているものなどにも、have to がぴったりの状況です。やらねばならない!という切迫感が加わるからです。けれども、Autumn に毎週来られている大半の生徒さんにとってhave to というニュアンスはしっくりきません。みなさん学ぶ楽しさを大切にされたい方たちですから。
学ぶ過程の中で思うように単語が頭に入らなかったりで苦しみを体感されている方もいらっしゃるようです。その状況が長く続くといつの間にか学習者の気持ちは、have to になってしまいますね。先週Tさんがまさにそうで伸び悩む時期の自分自身の英語力にため息ばかりついておられました。私もT さんが少しでも前向きな気持ちになってもらえたらと思いますが、ここはどうかひとつ諦めないで続けてみてください。そんな時は、文法の教科書は閉じたって構いません。いつも聴いているニュースやラジオ番組、好きな映画など英語を聴くということだけやる。あれこれやってみる中で自分のこれだけは!という英語に触れる時間を作ってそれをしばらく続けてみてください。継続していく中で見えてくるものはきっとあります。
生徒さんがhave to という気持ちからではなく、I learn English every day, which is fun. (私は毎日英語の勉強をしています。これが楽しいですよ。)と、英語を学ぶことが生活の一部になるくらいとても身近なものになってもらえたらと願っているところです。

夏の引っ越し

雨が大降りになる前にいつものように神埼まで水汲みに行ってきたところです。
水汲み場の岩場にひき蛙一匹。久しぶりの雨で潤った空気、そして匂いを静かに全身で受け止めていました。

さて、今日は何からお話ししましょうか。
まずは、みなさんに一つご報告があります。

8月に今の自宅から神埼に引っ越すことにしました。
今回の引っ越しはとても不思議なご縁のような気がしています。冒頭にも書いたように直接のきっかけは、神埼の仁比山神社でした。一年ほど前に美味しい水を求めていた時、偶然この神社を見つけてそのお社の裏側に水が汲める場所を発見したのです。それから一年以上通うようになりこの辺りの空気や景色が気に入り先月この辺りで住めないものかと神社周辺の集落を歩いてみました。すると、1件貸家の看板が立っているではありませんか。これはまたとない好機だと感じ、すぐに看板に出ている不動産屋さんに連絡を取って内覧をさせてもらいました。最初は、実家を離れての初めての娘との二人暮らしに不安な気持ちもありましたが、それ以上に自分たちの住みたい場所での新たな生活への喜びの方が大きく思い切ってその物件を借りることにしたのです。仁比山神社に祀られているお猿さん達に手招きして呼び寄せられたようなとてもありがたい気持ちです。
そういうわけで、最近はうきはの友人の家に色々な家財道具をもらいに行っています。先月は、前に住まわれていたお家を解体されるという友人のところから声をかけていただき、昭和30年頃の食器棚や卓袱台などをいただいてきたところです。そして今月に入ってからは、また別の友人のところから電化製品や食器類などをいただいてきました。彼らは今月末に関東に引っ越すことになっており引っ越しの片付けも兼ねてお手伝いに行ってきたところです。関東に移ってしまうとしばらくは会えないだろうからとても貴重な数日間をその友人と過ごすことができました。
これら大きな家財道具たちを8月までどこに保管しておくか考えたところ、名案が浮かびました。二年前まで住んでいた吉井の家の物置が空いていたのです。今の家主さんは、元のお隣さんになっているのでお願いして引っ越しの直前まで置かせてもらうことになりました。吉井の元の家もしばらく空き家の状態が続いていましたが、よく知っているお隣さんに住んでもらえることになり本当に良かったと思います。そのお隣さんは大家族なので、空っぽだった家が一気に賑やかになっていました。昨日は、新たな時間の流れを感じて帰ってきたところです。
うきはのみなさん、本当にありがとうございました。

Autumn の教室はこれからも引き続き鳥栖で行います。どうぞよろしくお願いします。

レッスンチケット発売中

今年から始めたチケット制レッスンについてのご案内です。

Autumnでは、毎週決まった曜日・時間帯に通学が難しい方のためのレッスンチケットを準備しています。
これは3枚一組になっていて、ご購入後3か月以内に3回分のレッスンを消化していただくというものです。
昼間に通学が可能な方で英語の勉強を始めたい方、また始めてみたけれど一人ではなかなか続けていかれない……そんな方のためにお勧めなチケットです。楽しく続けていかれるコツも含めてAutumn ならではの英語のある暮らしについてご提案できたらと思っています。

3回分のレッスン目標の目安としては、

―簡単な自己紹介、気持ちが言えるようになる。
―現在形が使えるようになる。
―自動詞と他動詞についての基本知識

このあたりではないかと思います。
現在形と聞くと基礎の基礎ではないか!と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、意外と奥が深くこれで言えることが結構あるのです。例えば、確定した未来の事柄も現在形で表現できます。
例)Student A comes to Autumn this afternoon. (生徒さんのAさんは、今日の午後Autumnに来られます。)

チケットは3枚一組で10,000円です。出張レッスンをご希望の方はご相談ください。
どうぞよろしくお願いします。

 

朝の一杯

今日は夕方からの家庭教師が別日に変更になった。午後は生徒さんもなく静かである。
娘の保育園のお迎えの時間までいつもよりも気持ちにゆとりが生まれている。

午後2時過ぎ。この時間は我が家の猫は昼寝中。テラスの日陰で全身を伸ばしたまま夢の中のようだ。

さて、私はというと鰹と昆布で出汁を取ったところ。これは、明日の朝の味噌汁用のお出汁になるのだ。
いつもはいりこ出汁のお味噌汁なのだが、ここ最近お味噌との相性もあってか鰹と昆布の出汁が気に入っている。しっかりと出汁の味が利いていたらお味噌を少なめに入れても深い味わいとなる。
娘は汁物をあまり飲もうとしないけれど、お味噌汁だけは必ず飲んでから保育園に行くようにと親子で決めている。一杯の味噌汁を食べ終えるのに娘は、大変時間がかかるのだが、この一杯があるのとないのとではお互いに1日の始まり方が違ってくるように思えて必ず作るようにしている。底力のようなものが味噌汁には入っていて持久力の持ちが良くなるとでも言ったらよいだろうか。
この味噌汁をゆっくり飲むためには毎朝何時に起きたらよいか。大切な朝餉の一杯のために起きる時間を早めにしてゆとりをもたせたいところである。
けれども、朝の時間は本当にいくらあっても足りないと感じるほどに時の流れが速いと感じる。娘は、きっと何故お母さんはこんなにどうして毎日味噌汁を食べるようにと口うるさく言うのだろうと感じているだろう。多少母親の自己満足の部分でもあるのかもしれないけれど、娘が大きくなった時に自分で朝の味噌汁をこしらえるようになってくれたら本望である。かたちのないものであっても思いは受け継がれていくものだと信じたい。

 

今日もめでたし めでたし

こんばんは。今しがたオーブンにマフィンの生地を入れたところです。このジャーナルを書き終えたころには焼きあがっていることでしょう。今夜は二回焼いて明日の娘たちのおやつにするつもりです。お菓子作りは久しぶり。どこかへピクニックにでも行くようなとてもわくわくした気持ちです。泡だて器を混ぜる自分の手がとても軽やかに動きました。
今日は夕方の生徒さんがお休みだったので午後から保育園の絵本の読み比べ・販売会に行ってきました。福岡市の南区にある子どもの本やさん、井上さんの絵本の出張販売会です。今回は、子どもが最初に読む昔話について海外の作品数点と日本のもの数点を読み比べながら紹介してくださいました。幼い時から慣れ親しんでいたはずの『三匹のこぶた』など自分が把握しているストーリーに更に話の展開があることがわかり、もう一度改めて読み直してみたいと思ったところです。
販売会では魅力的な絵本や児童文学作品などが多数並んでいました。その中で今日の1冊に選んだのは、『雨、あめ』(評論社)ピーター・スピアー作 です。これは、文字のないイラストだけの絵本。お姉ちゃんと弟が雨降りの中二人で出かけて雨の日の町を楽しんでいます。それぞれの見開きのページには8~10くらいずつ絵が付いていてとても動きが感じられる明るい絵本です。
近じかやってくる梅雨も元気に過ごしていきたいものですね。

さて、今日の保育園の帰りのこと。いつもはずっと喋りっぱなしのあきちゃんですが、珍しく今日は車の中で寝ていました。家に帰り着いてしばらく経ってから起きましたが、とても不機嫌でご飯もなかなか食べようとしない。
困ったなあと思いながらはるちゃんとばーばと三人でカレーライスを食べ始めていたら、あきちゃんの方も私の隣に座ってきて食べ始めたのでした。こんな時は、淡々と対応してくれるはるちゃんの存在はとてもありがたいのです。彼女は意識して淡々としているわけではなく、総じていつも穏やかでのんびりとしている子です。「あっこちゃん カレーおいしいよ。」
大人がいろいろと言うよりも子ども同士での何気ないやりとりで前に進めるようになることもあるようですね。
「あきちゃんに強い台風がきたけど すぐにどこかに行っちゃったね。嵐のあとはすっきりと晴れました。めでたし めでたし。」こんなふうに私が言うとあきちゃんは満面の笑みを浮かべながらカレーライスを平らげました。
子どもたちとの日常のひとコマが我が家の記録に1ページずつ残されていっています。

Lavender Sachets

今年も庭のラベンダーがたくさん咲きました。花の部分を摘み取って匂い袋(sachet)を作っているところです。
昨年のこの季節に生徒さんや友人にプレゼントしたところ好評だったのです。これ、ちゃんと名前もあるんですよ。“雨の日もルンルンサシェ”と言います(笑)。
袋の部分に使っている布のイラストから命名してみました。女の子が傘をさして楽しそうに長靴を履いて歩いていて花がまわりにたくさん降っています。最初は雨が降っていたのにいつの間にか女の子の幸せな気持ちが一面に広がって雨粒が花吹雪へと変化したのかもしれません。これからやってくる梅雨の季節もラベンダーの香りに包まれながらこのサシェを眺めているとじめっとした気持ちが吹き飛んでいきそうです。
あと何人分できるかなと思いながら、今年も自分なりの季節の手仕事を楽しんでいます。

さて、今日は久しぶりにボアさんに苗ものを買いに行きました。スペアミントとシュウメイギク。これからミント水が欲しくなる季節です。レッスンの時に皆さんと楽しみたいと思います。

Top