テキパキパンダの料理教室

先日、久しぶりに田主丸・石垣の畑に行ってきました。その日は浮羽町の友人の家に遊びに行く約束があったのでその前に少し立ち寄ったのでした。

敷地に入るのは数か月ぶり。車の通路は他のメンバーがきれいに草を刈ってくれていたおかげで通りやすくなっていました。暑い中の草刈り、本当にありがとうございました。

長靴を持って来ていなかったので畑には入らず、しばらく朝の耳納の山を眺めながら畑の空気を味わってきました。本当に微かにですが、空気のどこかに秋の匂いが混じっているように感じました。
きっと鳥や畑にいる虫たちはそのことをちゃんと感じ取っていてしっかりと秋の準備を始めているところなのでしょうね。

畑の周りを歩いていたらブルーベリーの木を見つけました。大きく熟した実がたくさん付いていて一つ食べてみると、その甘いこと!これまで食べたブルーベリーの中で一番甘くておいしかったです。
あまりのおいしさに感動してこれを浮羽の友人に少し持っていこうと思いつき摘み取っていきました。今度は、娘を連れてブルーベリー摘みに行けたらと思っています。

両手一杯のブルーベリーを携えて向かったのは、浮羽の山に住んでいる友人のおうち。
彼女に季節の野菜を使ったお料理を教えてもらいに行きました。教えてもらったのは、かぼちゃのキッシュ、味ご飯(鯛がたくさん入っているもの)、季節野菜のサラダ、コンニャクのきんぴらなどです。
冷蔵庫に余っている食材を使ってちょっとした手間をかけて大事に作られたお料理たち。土鍋を活用してのお料理はとても楽しく新鮮で、野菜を蒸し焼きにしたりご飯を炊いたり色々なことができる万能鍋なんですね。
自家製の塩麹や甘酒などがお料理の様々なところで登場して味に深みと豊かさを加えているのです。このことが一番の学びでした。今回、甘酒の作り方も教えてもらったので一度挑戦してみようと思います。

お料理のお礼で私の方は、二種類のマフィンを彼女の台所で焼かせてもらいました。抹茶味と桃味です。
焼きたてあつあつのマフィンをほおばりながら彼女の旦那さんが淹れてくださったコーヒーの味が今でもしっかりと残っています。とても良い具合に苦みがあって美味しいコーヒーでした。

「テキパキと日常のお料理をこなしてテキパキパンダを目指しましょう!」
優しく笑いながらこんな風に話す彼女は、テキパキしているけれど穏やかで優雅な女性です。その身のこなし方は長年、テキパキ術を淡々と努力を積み重ねて身に着けた彼女の生き様そのもの。
彼女の台所でおしゃべりをしながらお料理した時間はこの夏の宝物となりました。
本当にごちそうさまでした。

ツルムラサキ

夏の野菜、色々とありますが、今日は産直所にツルムラサキが並んでいたので買って帰ってきました。
ある方が、お店に飾られていてその紫と緑の深い色が印象的だったこともあり、手にしたのでした。
そしていかにも採れたてという瑞々しさに心を奪われたのでした。
帰って、どんなふうに調理をしようかと少し考えましたが、こんなに美しい葉っぱだったらそれが生きるようなメニューが一番良いと醤油和えにしました。
塩水でさっと茹でた後、冷水に浸した葉っぱを刻んでだし醤油と塩を少々いれて和えました。
とてもシンプルな一品でしたが、とても満足度の高い副菜が出来上がりました。冷たく冷えたツルムラサキが喉をつるんと通ってゆく度に季節のものをいただくありがたさをじんわりとかみしめることができました。
実は、ツルムラサキという野菜はうきはに住んでいた頃、夏になると母が毎日のようにおかか和えをしていたので食べ飽きていたところがあったのですが、紫が入った種類のツルムラサキは今回が初めてでこちらの方が粘り気が少なく味もよりくせが少ないと感じました。畑で採れたわかめのようでした。

とても暑くて何を食べようかと思うことが多い日々ですが、できるだけ季節の野菜を食べながら元気に暮らしていきたいものですね。

絵本の会が終わりました。

絵本の会のご報告です。

8月2日・3日とそれぞれ午前中に絵本の会を無事に開くことができました.
暑い中、足を運んでくださった方々、ありがとうございました。
どちらの回もお一人ずつ来られて通常のレッスンと同じマンツーマン形式となりました。
おそらくお二人には学生時代の英語のお勉強とは違うということを感じていただけたのではないかと思っています。
英語=英文解釈のようなイメージではなく、英語はもっと身近な言語で楽しいものなのだということを体感いただけたはずです。
おやつには、かぼちゃのチーズケーキを作って参加者の方と一緒に食べました。
私にとっても今年の夏休みの大切な思い出となりました。

1983年に出版されたBrown のGorillaという作品は30年以上時代を経ても全く時代を感じさせない作品だと改めて感じたところです。
これからもこの絵本の会、続けていけたらと思っています。どうぞ、よろしくお願いします。

日常のとらえ方

ここ最近よく思うことがある。それは、いつも通りの日常がとてもありがたいということ。
娘を保育園に送って掃除をして英語教室の準備をする。レッスンが入っていない合間の時間に洗濯をし、夕飯の支度をすることもある。
そうこうしていると夕方になりまた娘を迎えに保育園へと向かう。
家事と仕事、そして母親業。一つの体をフルに動かして毎日を精一杯生きる。
夕方からレッスンがない日は庭の花たちにたっぷりとお水をあげる。
少しほっとしたいときはコーヒーやお茶をゆっくりと淹れて楽しむ。
「この前植えた日々草元気ね。」
庭のプランターに植えた花たちのことなどを母と話しながら。

日々同じことの繰り返しのようだが、決して単純なわけではなく ひとつひとつが昨日とは違うリズムで動いている。
それはとても些細なこと。だから感じることに鈍感になってしまうとその微細な変化に気づかないまま日常が過ぎていく。
しあわせに暮らすということはその微細な変化を生き生きと感じながら毎日を過ごしていくことなのではないかとこの頃よく思うのである。

昨日いつもの神社まで娘と水を汲みに行った。
私が水を汲んでいる傍で彼女はひらひらと舞う蝶を追いかけていた。
自分の手のひらに収めたかったようである。
水汲み場から視線をふと娘の方に向けた。
両手を頭の上に高く上げながら蝶を捕まえようとしている。その姿はとても一生懸命で思わずこちらが笑みをこぼさずにはいられないほど輝いていた。
ターコイズブルーのワンピースを着た3歳の女の子。
光の中で踊る小さな天使のようであった。

英検1級!

昨日、サイトからの問い合わせでAutumnを見つけて下さった生徒さんが来られました。
英検1級合格を目指してお勉強されている社会人の方でこの秋にも再度受験される方です。

使い古された単語帳と問題集数冊を持参され、
「できる限り一緒にお勉強をしてください。一人ではなかなかお尻に火がつかないのです。スパルタでお願いします!」
と、期間限定でこの秋までその方の家庭教師をすることになりました。この秋には関東のご実家に帰られるそうで9月までの短期間です。

具体的に私がやることは、
その生徒さんから預かっている単語帳を基に広範囲の英単語テストを作成し、英文エッセイの課題添削を行うというもの。

英検1級の生徒さんを担当するのは、初めてですが、できる限りその生徒さんの目標達成のお手伝いができたらとねじりはち巻き状態のAutumnです!

いくつになっても目標を持って英語のレベルを上げたいというY子さんの熱意はこの猛暑にも負けないくらい熱いものを感じました。
そして何より彼女はとても英語がお好きなのだということも私自身とても刺激的でした。

色々なタイプの生徒さんと出会うことでAutumnの色、そして味が少しずつ変化していけるのだと思います。みなさんとの出会いに本当に感謝です。

明日から8月。Autumnの夏の特訓が始まります。

暑中お見舞い

みなさん、こんばんは。

今年の夏は暑さがとても厳しいですね。去年はもっと涼しかったような。。。気のせいだったかしら。この暑さでもうそのあたりの記憶も定かではないようです(笑)。

みなさんはお変わりなくお過ごしですか。明日から8月に入りますね。お盆休みがあったりご家族で様々な計画を立てられている方も多いと思います。
どうぞ、お体に気を付けて夏休み後半をお過ごしくださいね。

*Autumnの夏休みは、
8月11日(木)・13日(土)~16日(火)です。

よろしくお願いします。

Top