輝く生徒さんA子さん

昨日の生徒さんのことについて書きます。

この方は Autumn の生徒さんの中で最年長、50代後半の女性。月刊TOSSの掲載記事を見て即入会されたとてもやる気に満ち溢れた方です。

昨日は3回目のレッスンでした。レッスン回数を重ねるたびに少しずつ英語の感覚を取り戻されていると感じます。こちらもこの生徒さんと共に歩んでいるような疑似体験をさせてもらっているような気持ちになります。

昨年末にご主人と行かれたハワイ旅行。食堂で近くに座っていた家族に話しかけられ全く会話のキャッチボールができなかった悔しい気持ちが彼女のやる気を奮い立たせているのでしょう。今年の年末もまたハワイに行かれるとのこと。次回はもう少し話せるようになりたい!彼女のその気持ちを大切に一緒に温めていけるお手伝いができたらと思っています。彼女とのレッスンは、教科書は使いますが、あくまでもサブ的にしか使わず、基本はおしゃべり。その中で、英語ではどのように言うのかという基本的な文章の組み立て方や英語特有の表現の仕方などを学んでもらっています。

身近なこと、自分自身のことについて表現できるようになること。これが、当面の目標です。昨日は家族についての単語と身の回りのことについて表現する形容詞を学びながらたくさん笑いました。楽しんで、そしてこつこつと一歩ずつ。little by little……

来週も頑張りましょう!

これからも生徒さんの目の輝きを大切に!これが Autumn の使命です。

2.11の詩

クッキーを焼く

冬が終わりに近づいた休みの日
お日さまが やわらかい笑顔を 見せてくれています
今日はクッキーを焼く日

小麦粉 バター オートミール チョコチップ お砂糖 シナモンパウダー
卵 ラム酒 バニラエッセンス 重曹  お塩
それから 深呼吸としあわせの涙も少々

生地をしっかり混ぜて冷蔵庫に入れたら
お茶を淹れましょう
カップを温めて 紅茶をゆっくりと注ぎます

お茶を飲む時間もレシピの中に書いてあるのです
お茶を飲みながら しあわせなあの人のことを想いながら
焼く人は生地を休ませている間 気持ちを発酵させるのです

ここまで 来たんだよ
ありがとう

さて そろそろ 生地がオーブンに入る準備ができたよう
私も 準備ができました 楽しいティータイムだったわ

温めたオープンに丸くつぶした生地を並べます
10分ほど焼いたら出来上がり
袋に入れて テープで留めます
テープの色は クリーム色
今日のお日さまの笑顔みたい

来年も再来年も きっと焼きます
オートミールクッキー
ほろ苦い思い出も 甘い思い出も
一緒に混ぜて いつも クッキーの味は進化するのです
それが 人の歩み

2月11日の思い

懐かしい未来 ~longing future~
作詞:大貫妙子

吹いて渡る 風のように 自由でいたい
同じ空の 下に生きる 息吹のように

北のオーロラ 森の囁き 夢を見た
川のせせらぎ 昇る太陽 朝が来る

愛しい気持ちを抱きしめよう
旅立つ未来 懐かしい時へ
勇気を希望をありがとう
美しい星の上で

知恵の扉 開けてみよう 光の中で
聞こえてくる 遥か 遥か 大地の歌が

どこから来たの どこへ向かうの たずねたい
耳をすまそう 裸の心で 見つけよう

愛しいすべてを抱きしめて
旅立つ時は 懐かしい未来
勇気を希望をありがとう
美しい星の上で

愛しいすべてを抱きしめて
旅立つ時は 懐かしい未来
たくさんの色に溢れてる
美しい星の上で

きっとあなたへと届けたい
翼にのせて しなやかな声を
みんなが共に生きていこう
美しい星の上で
この蒼い星の上で

 

みなさん、おはようございます。

2月は自分にとって毎年節目の時期です。

自分自身の原点を見つめ直して未来について思いを馳せる、そのような時なのです。

今朝は、敬愛する大貫妙子さんの歌をご紹介します。この歌のタイトルに使われている“懐かしい未来”の懐かしいは、懐古趣味や振り返るという意味ではなく、“未来に懐かしい”という意味だそうです。大貫さんは、未来に取り戻したいものは、「人間の本質」だとおっしゃっています。

私自身にとっての“懐かしい未来”とは。

そのようなことを考えた昨日2月11日の祝日でした。

英語教室可能な曜日(現在の空き状況について)

こんにちは。

プランターに植えたチューリップの球根から芽が出てきています。何色のチューリップが咲くのか楽しみです。春は、舞台裏で今せっせと本番前の準備に忙しいのでしょうね。

さて、今日は英語教室のことについて。今月から昼間と夕方からの家庭教師のレッスンというスケジュールが少しずつ定着してきました。

4月からの新学期に向けて新規の生徒さんから問い合わせが続いています。現時点での教室の空き状況についてお知らせします。

お昼間で可能な曜日

  • 月曜日:10時から11時半、14時から15時半
  • 火曜日:10時半から11時半

夕方からの出張家庭教師が可能な曜日

  • 火曜日:17時から20時の間で90分

 

今のところ個別指導スタイルで授業を行っておりますので、レッスン日の選択肢が限られております。現在の生徒さんの状況と娘の成長に合わせて仕事の量を増やしていくつもりです。ご理解いただけたら幸いです。

どうぞよろしくお願いします。

つづき

こんばんは。

一つ前の記事で(「今夜も詩を」)詩を書きました。ここ数日の自分はとても涙もろいようです。ひとり静かに涙しています(笑)。空を見ただけで、歩いているだけで......

そしてまた、今朝、娘を保育園に送りに行った時に同じでんでんむし組の男の子を見て胸が熱くなりました。その時の詩です。

こうしくん

あさのじかん
ほっとひといき
こうしくんは すわっていた
ひとり でんでんのおへやで
すいとうから ゆっくりとおちゃをそそぐ
ごっくん ごっくん
まま おいしいよ
もういっかい のもうっと
よいしょ
あれ こぼれちゃった
みずたまりが できてる
おもしろいな


秋子よりも先にきていたクラスメートのこうし君。誰もいないお部屋で一人座って水筒のお茶を飲んでいました。私たちが入ってきてもその優雅なお茶の時間は続いている様子で黙って飲んでいました。その様子があまりにもかわいらしく思わず詩が浮かんできたのです。

さてはて、この涙もろい私、いつまで続くのでしょうか。

おやすみなさい。

今夜も詩を

原石

どうしましょう
涙があふれてしまいます
ただ 風を感じているだけなのに
ただ 遠くの山を見ているだけなのに

目をとじて 春のにおいを全身で 受けとめます
どこか 懐かしく
どこか 深遠で
どこか 尊い
今日も 君は そこに すわっている

Top