京都・大阪の旅(1話)

おはようございます。久しぶりにブログを書きます。みなさん、お変わりないですか。

昨日京都・大阪の旅から帰ってきました。4日ぶりの我が家。玄関やテラスに活けていたお花たち、行く前とほぼ同じ状態で花瓶の中で可憐に咲いていました。

「おかえりなさい。」

気持ちがほっと緩みました。

体はとても疲れていましたが、本当に充実した3泊4日の旅となりました。

また、娘との二人旅は約1年半ぶりです。旅の間じゅう、前回からの彼女の成長ぶりを感じられてとても嬉しかったです。

京都で新幹線を降りてキャリーサービスに大きな荷物を預けることにしました。このサービス、とっても便利ですね!午後2時までに預けたら宿泊する場所まで荷物を届けてくれるサービスなのです。しかも料金も手ごろなんです。

ここでちょっとした第一関門にぶつかりました。京都駅で私たちが降りたのは、1階。けれども、キャリーサービスのカウンターは地下1階。娘は、エスカレーターに乗ることができません。とても怖いみたいです。では、エレベーターを使ってということで何度か1階から地下1階まで降りましたが、地下に降りるとキャリーサービスの場所がわからなくなってしまうのです。1階で場所を把握していてもエレベーターの場所が案内板から離れたところにあるためにわからなくなるのです(笑)。人の多いところをガラガラと重いスーツケースを引きながらさまよい歩きました。これを何度か繰り返し結局1階のエスカレーターのところにある案内板のところに戻って行くのです。ここからエスカレーターを降りればすぐにキャリーサービスはあるのです。お腹も空いていたし、娘をこれ以上歩かせるのは可哀想で...

「あきちゃん、ママひとりでスーツケースを預けてくるからここで待っていてくれないかな。急いで預けてくるから。この看板のところで待ってて。そして、絶対にここから動かないでね!荷物を預けたらお昼ごはんを食べようね。」

「わかった、まま!あっこちゃんここから動かんけん。まま まっとくけん。」

彼女が案内板のところにどしっと腰をおろしたのを確認して、私は地下1階へ。無事にスーツケースを預けることができ、急いで再び1階へ戻りました。走って先ほどの案内板のところに行くと娘の姿がちゃんとあって安心しました。

一人で腰を下ろして5分くらい私のことを待ってくれていた彼女。きょろきょろとあたりを見回していました。時計を見て時間を読むことができない彼女の頭の中で私との約束のことばを信じて待っていてくれていたひたむきな姿に思わず涙がこぼれました。

本当にお姉さんになったなあ!

まま 嬉しいわ!

この第一関門キャリーサービスのちょっとした出来事のおかげで結束力を頑強なものにした私たち。無事にお昼ごはんを食べ、下鴨神社へと向かいました。つづく。

“かえる”になる!

4月から娘は年少さんになります。ころころ保育園では年少さんクラスはカエル組です。今のでんでんむしからかえるさんになるのです。その準備を日々の暮らしの中で意識しながら過ごしています。娘もそれは同じようです。

「あっこちゃん、かっこいいかえるさんになるっちゃん!」

とても小さなことですが、たとえば、保育園に行く時の自分の持ち物、リュックサック・水筒・着替えを入れる汚れ物袋。これらを必ず車を降りて保育園に向かう間娘が自分で持つようにすることなど。娘がママに頼らないで自分でできる事は自分で最後までできるように見守ってあげる。これが私の今の大きな役割だと感じています。

今朝、保育園で娘と別れる時、大きく手を振ってくれました。

「ママーーーーー、ばいばーーーーーい!」

ママを離れて軽やかに飛躍していく娘の姿がとても印象的でした。彼女はもうおたまじゃくしではないようです。

京都という美術館へ

メトロポリタン美術館(ミュージアム)

作詞・作曲:大貫妙子
NHK「みんなのうた」1984

大理石の 台の上で 天使の像 ささやいた
夜になると ここは冷える 君の服を 貸してくれる?
タイムトラベルは 楽し メトロポリタン ミュージアム
赤い靴下で よければ かたっぽあげる

エジプトでは ファラオ眠る 石の布団に くるまって
呼んでみても 五千年の 夢を今も 見続けてる
タイムトラベルは 楽し メトロポリタン ミュージアム
目覚まし時計 ここに かけておくから

ヴァイオリンのケース トランペットのケース
トランク代わりにして 出発だ!

タイムトラベルは 楽し メトロポリタン ミュージアム
大好きな絵の中に とじこめられた


おはようございます。

昨日から雪が降っていますが、屋根や木々の上がうっすら白くなっている程度で落ち着いています。娘は元気よく保育園に行ってくれました。

今週末から大切な友人たちに会うために京都・大阪へ行ってきます。

京都へ行くのは、1年半ぶりくらい。東山の民宿古梅川のおばちゃん、そしてやっちゃんに会うために。今回の旅行は、大阪に行くことが最初の目的だったのですが、せっかく大阪まで行くならばと京都まで足を伸ばそうと初日に古梅川に泊まらせてもらうことにしました。古梅川さんはこの2月に離れをオープンされたとのこと。寒さなど関係なくここはとても賑やかで人の出入りの多い宿。これからもずっと進化し続けていくところなのだろうなと思います。楽しみです。

京都は日本でありながら外国のような自分にとって特別な場所です。京のことばの音の響きが音楽を聴いているような優雅な気持ちになるのです。そして、町全体が美術館のよう。

京都の町のことを考えていたら、大貫さんのメトロポリタン美術館がいつも思い浮かんできます。

輝く生徒さんA子さん

昨日の生徒さんのことについて書きます。

この方は Autumn の生徒さんの中で最年長、50代後半の女性。月刊TOSSの掲載記事を見て即入会されたとてもやる気に満ち溢れた方です。

昨日は3回目のレッスンでした。レッスン回数を重ねるたびに少しずつ英語の感覚を取り戻されていると感じます。こちらもこの生徒さんと共に歩んでいるような疑似体験をさせてもらっているような気持ちになります。

昨年末にご主人と行かれたハワイ旅行。食堂で近くに座っていた家族に話しかけられ全く会話のキャッチボールができなかった悔しい気持ちが彼女のやる気を奮い立たせているのでしょう。今年の年末もまたハワイに行かれるとのこと。次回はもう少し話せるようになりたい!彼女のその気持ちを大切に一緒に温めていけるお手伝いができたらと思っています。彼女とのレッスンは、教科書は使いますが、あくまでもサブ的にしか使わず、基本はおしゃべり。その中で、英語ではどのように言うのかという基本的な文章の組み立て方や英語特有の表現の仕方などを学んでもらっています。

身近なこと、自分自身のことについて表現できるようになること。これが、当面の目標です。昨日は家族についての単語と身の回りのことについて表現する形容詞を学びながらたくさん笑いました。楽しんで、そしてこつこつと一歩ずつ。little by little……

来週も頑張りましょう!

これからも生徒さんの目の輝きを大切に!これが Autumn の使命です。

2.11の詩

クッキーを焼く

冬が終わりに近づいた休みの日
お日さまが やわらかい笑顔を 見せてくれています
今日はクッキーを焼く日

小麦粉 バター オートミール チョコチップ お砂糖 シナモンパウダー
卵 ラム酒 バニラエッセンス 重曹  お塩
それから 深呼吸としあわせの涙も少々

生地をしっかり混ぜて冷蔵庫に入れたら
お茶を淹れましょう
カップを温めて 紅茶をゆっくりと注ぎます

お茶を飲む時間もレシピの中に書いてあるのです
お茶を飲みながら しあわせなあの人のことを想いながら
焼く人は生地を休ませている間 気持ちを発酵させるのです

ここまで 来たんだよ
ありがとう

さて そろそろ 生地がオーブンに入る準備ができたよう
私も 準備ができました 楽しいティータイムだったわ

温めたオープンに丸くつぶした生地を並べます
10分ほど焼いたら出来上がり
袋に入れて テープで留めます
テープの色は クリーム色
今日のお日さまの笑顔みたい

来年も再来年も きっと焼きます
オートミールクッキー
ほろ苦い思い出も 甘い思い出も
一緒に混ぜて いつも クッキーの味は進化するのです
それが 人の歩み

2月11日の思い

懐かしい未来 ~longing future~
作詞:大貫妙子

吹いて渡る 風のように 自由でいたい
同じ空の 下に生きる 息吹のように

北のオーロラ 森の囁き 夢を見た
川のせせらぎ 昇る太陽 朝が来る

愛しい気持ちを抱きしめよう
旅立つ未来 懐かしい時へ
勇気を希望をありがとう
美しい星の上で

知恵の扉 開けてみよう 光の中で
聞こえてくる 遥か 遥か 大地の歌が

どこから来たの どこへ向かうの たずねたい
耳をすまそう 裸の心で 見つけよう

愛しいすべてを抱きしめて
旅立つ時は 懐かしい未来
勇気を希望をありがとう
美しい星の上で

愛しいすべてを抱きしめて
旅立つ時は 懐かしい未来
たくさんの色に溢れてる
美しい星の上で

きっとあなたへと届けたい
翼にのせて しなやかな声を
みんなが共に生きていこう
美しい星の上で
この蒼い星の上で

 

みなさん、おはようございます。

2月は自分にとって毎年節目の時期です。

自分自身の原点を見つめ直して未来について思いを馳せる、そのような時なのです。

今朝は、敬愛する大貫妙子さんの歌をご紹介します。この歌のタイトルに使われている“懐かしい未来”の懐かしいは、懐古趣味や振り返るという意味ではなく、“未来に懐かしい”という意味だそうです。大貫さんは、未来に取り戻したいものは、「人間の本質」だとおっしゃっています。

私自身にとっての“懐かしい未来”とは。

そのようなことを考えた昨日2月11日の祝日でした。

Top