つづき

こんばんは。

一つ前の記事で(「今夜も詩を」)詩を書きました。ここ数日の自分はとても涙もろいようです。ひとり静かに涙しています(笑)。空を見ただけで、歩いているだけで......

そしてまた、今朝、娘を保育園に送りに行った時に同じでんでんむし組の男の子を見て胸が熱くなりました。その時の詩です。

こうしくん

あさのじかん
ほっとひといき
こうしくんは すわっていた
ひとり でんでんのおへやで
すいとうから ゆっくりとおちゃをそそぐ
ごっくん ごっくん
まま おいしいよ
もういっかい のもうっと
よいしょ
あれ こぼれちゃった
みずたまりが できてる
おもしろいな


秋子よりも先にきていたクラスメートのこうし君。誰もいないお部屋で一人座って水筒のお茶を飲んでいました。私たちが入ってきてもその優雅なお茶の時間は続いている様子で黙って飲んでいました。その様子があまりにもかわいらしく思わず詩が浮かんできたのです。

さてはて、この涙もろい私、いつまで続くのでしょうか。

おやすみなさい。

Top