白い洗濯物

雨の季節が終わり、空が夏への身支度を整えているところです

この時 街じゅうは 一瞬だけ  静けさに包まれます
やわらかい風に吹かれながら

このほんの一瞬の 空気は 生まれたての赤子のように
やわらかで うるおっています
ほおずりしたくなるような いとおしさを 秘めています

真夏をむかえる 少し前の この季節に 臨月の美しい人がいました

「ねえ 私 ちゃんと お母さんになれるかな......」
美しい人は不安げな表情をして尋ねました
そして 丸くふくらんだ 大きなお腹を さすっていました

その後 しばらくして 美しい人は 男の赤ちゃんを産みました

毎日その人の庭には たくさんの 洗濯物が 干してあり
白い 布たちが 風の中を泳いでいました

「この子のおむつが 風に揺れているのを 見ているのが 好きなんだ
しあわせな気持ちになれるの」

真夏をむかえる 少し前の この季節 雲が流れているのを見るのが好きです

やわらかい風を感じながら 美しい人の赤ちゃんの 洗濯物を思い出すからです

Top